温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月09日

生きてるか死んでるか


 2020年 東京オリンピック・パラリンピック 開催決定!
 おめでとうございます。

 個人的には、経済効果等も考えて、開催には賛成だったのですが、でも日本国としては・・・
 と、ずーっ疑問視していました。
 その前に、この国はやることがあるんじゃないかなって。

 でも、今回の開催決定で、日本は 「安心、安全、安定」 した国であることを国際公約したわけですからね。
 復興および原発問題を先送りにせず、きっちりと取り組んでほしいものです。


 で、2度目の東京オリンピックです。
 前回は昭和39(1964)年でしたから、僕は6歳でした。
 でも、ちゃーんと記憶の中にありますよ。
 “東洋の魔女”ごっこなんてして遊んだし、「東京五輪音頭」 は運動会で踊りましたもの。

 あれから49年が経ったんですね。
 あの年に生まれた子が、すでに49歳のオッチャンとオバチャンであります。
 そして、次回の東京オリンピックは7年後。
 東京オリンピックを知らない子どもたちも、56歳になっているんですね。

 えっ、僕ですか?
 ・・・ぼ、ぼ、ぼくは・・・62歳になります。


 と、いうことで、東京オリンピックの開催が決定してからというもの、会う人会う人、
 「その時、私は○○歳ですよ」
 と、誰もが今の歳に “7歳” を足して話します。

 まー、若い人の7年は、そんなに人生が変ってはいないでしょうが、中高年以上~高齢者にいたっては、
 「生きてますかね?」
 「死んでるかもよ」
 という、なんとも淋しい会話が始まってしまいます。

 でもね、僕は思うんです。
 7年後、必ずしも若い人が生きていて、高齢者が死んでいるとは限らないと!

 “寿命” と “運命” は別物ですからね。


 僕は20代と40代に、友人を亡くしています。
 つい先月も、知人の奥さんが50歳で亡くなりました。

 新聞の 「おくやみ欄」 を見ても、その年齢は様々です。


 「じいさんは、いくつになっているんかね?」
 とオヤジに7年後の年齢を訊ねると、
 「わかんねぇ。今、オレは何歳なんだ?」
 と、相変わらずのボケ具合です。

 「じいさんは、96歳になってるんだぜ!」
 と、教えてやれば、
 「そーか、それは楽しみだ」
 と、今から東京オリンピックの開催を待ち望んでいる様子。


 そのとき、生きているのか? 死んでいるのか?
 それだけは誰にも、そして本人にも分かりません。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

この記事へのコメント
7年後に、生きているか?
なかなか難しい問題だと思います。
日本中に原発があり、いつ大地震があるかわからない。
中国、北朝鮮、ロシアは、日本に向けて核兵器を持っている。まさかアメリカは、日本に向けているとは思わないが。
このような状況で7年後に生きているかは、神様もわからないだろう。
Posted by ヒロ坊 at 2013年09月09日 22:34
ヒロ坊さんへ

加えて、昔に比べると、物騒な事件や事故も多発しています。
細く長く生きることが、難しい世の中になりました。
せめて、短くても太く生きてみたいのですが・・・
日々、己れとの葛藤であります。
Posted by 小暮 at 2013年09月10日 20:16
個人的には 反対でしたが結果として 開催国になるだろうと
思ってました。

国益を考え選ぶ訳ですから 原発を所有している国には
日本での開催は 絶対不可欠

東京自体 固有の汚染濃縮が更に進み 更に上昇するのでは?と考えてます。
汚染水の三重水素は酸素と 結びつき 放射能水にって
地球環境を循環するので 再処理工場同様に恐怖です。

本来なら謙虚に 辞退を選ぶのが 日本人だと思います。
Posted by momotaka at 2013年09月11日 07:08
momotakaさんへ

開催が決定した以上、ポジティブに考えるしかありません。
日本は国際公約をしたのです。
必ず、実行してもらいましょう。
Posted by 小暮 at 2013年09月11日 20:58
小暮 様

なかなかのタイトルで、宜しいかと思います。

ですが思うに、この日本自体 どうなんでしょうかね…。

オリンピック建設費や超高齢化による医療費、また福島原発の廃炉費用、などなど。
7年後までに、財政破綻していないとよいですが…。 
Posted by 毘 at 2013年09月15日 00:43
毘さんへ

ご無沙汰しています。
お元気でしたか?
おっしゃるとおり、この国はだいぶ病んでいます。
でも、国は病んでいても国民が病んでいるとは限りません。
戦後、ドン底からはい上がった国民です。
必ず未来は拓けると、信じています。
Posted by 小暮 at 2013年09月15日 22:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
生きてるか死んでるか
    コメント(6)