温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月10日

おもしろい仕事 つまらない仕事


 “好きなことを仕事にするのは難しい”

 テレビCMのナレーションに、違和感を抱きました。

 なぬ?
 て、いうことは、逆もまた真なりということなのか?

 “嫌いなことを仕事にするのは簡単”
 て、いうことですかね。
 ?????
 一瞬、僕の思考回路が、フリーズしてしまいました。


 たぶん、「あこがれ」 や 「夢」 ことを言っているのだと思います。
 歌が好きだから歌手になりたい、絵が好きだから画家になりたい、スポーツが好きだからプロ野球やJリーグの選手になりたい・・・
 でも、それには “才能” も “努力” も “運” も必要だ。
 だから、「好きなことを仕事にするのは難しい」 という発想のようです。

 確かに、世の中には、“才能”や“運”を味方につけないと、絶対に成れないという職業があります。
 でも、それは全体の職業からみたら、ほんのひとつまみです。

 たいがいの仕事は、努力次第でなんとかなるものです。

 で、その “努力” が、できるか、できないか、を左右するものが、「好きか」「嫌いか」 だと思うのです。
 だって、同じ努力でも、「楽しいか」「つまらないか」 では、天地の差がありますからね。
 もっと言えば、その努力が、「面白いか」「苦痛か」 くらいの違いがあります。


 もう、ずいぶんと昔のことです。
 僕がタウン誌の編集をしていた時に、読者からこんなハガキが届きました。

 <今の仕事が面白くありません。辞めて、違う仕事に就きたいのですが、自分が何になりたいのかが分かりません。>

 実にシンプルな悩み相談です。
 そして、この相談事が誌面に掲載されると、今度は別の読者から、こんなハガキが来ました。

 <仕事が面白くないなんて、バカじゃないの。世の中に面白い仕事なんてありません。面白くないから仕事なんです。>

 これには、編集部のスタッフ全員が、面食らってしまいました。
 “面白くないから仕事なんだ”
 と言い切ってしまうこの人は、なんのために生きているのだろうか?と・・・


 僕は、父親から 「自分の好きな仕事に就け」 と言われて育ちました。
 また僕も、自分の子どもたちには、同じ事を言って育てました。

 それは、なぜか?


 それは、人生において、睡眠時間以上に長い時間を費やしているのが、仕事だからです。
 言い換えれば、仕事が面白くなければ、その人の人生自体が、つまらない人生になってしまうのです。

 人は、ついつい、自分の仕事の評価を、お金で換算してしまいます。
 「面白くないけど・・・」「楽しくないけど・・・」
 もらえるお金が多ければ “満足” として、少なければ “不満” とします。

 しかし、それでは、一向に人生は改善されません。
 きっと、ハガキをくれた読者も、この矛盾の中で仕事をしていたのかもしれませんね。


 やっぱり僕は、
 “好きなことを仕事にするのは楽しい”
 と思いながら生きていたいと思うのです。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おもしろい仕事 つまらない仕事
    コメント(0)