温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月15日

本白根温泉 「嬬恋プリンスホテル」②


 “現場百遍”

 これは僕の 「座右の銘」 です。
 まあ、人生のというよりは、仕事に対しての “モットー” のようなものでしょうか。

 1を見て、10を書くな!
 10を見てから、1を書け!
 知識にたよらず、体験してから文字にしろ!

 なーんて、ところでしょうかね。
 ちょっと、カッコつけ過ぎですか?
 でもね、慣れてくると、このほうが楽なんですよ。

 だって、自分が見て、感じたことだけ書けばいいんですからね。
 ネットで調べたり、他人から聞いたり、雑誌や本から得た情報に振り回されることはありません。
 もし疑問があれば、納得するまで自分の目で見ればいいだけです。


 で、リベンジしてきました!

 みなさんは、覚えていますか?
 露天風呂しかない、絶景の眺望が売りの温泉宿に泊まったら、ドシャ降りの雨で何も見えなかったという話を・・・
 そう、標高1,126メートルの高原に湧く本白根温泉でのことです。
 ※(2013年9月4日「本白根温泉 嬬恋プリンスホテル」参照)


 天気予報は、晴れ。
 浅間-白根火山ルート(万座ハイウェー) を走る車窓からは、青空がのぞいています。

 「やった! リベンジした甲斐があったぞ!」
 と、意気揚々とホテルを訪ねたのであります。

 「わざわざ、ご苦労さまです。でも、どうですかね、浅間山が見えますかねぇ?」
 と、ロビーで出迎えてくれた担当のOさん。
 「大丈夫でしょう。いい天気ですから」
 と、僕は自信たっぷりに言葉を返して、露天風呂へ向かったのであります。


 ところが

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 見えません。
 浅間山も、本白根山も、その他の山々も……

 こんなにも晴れているのにね。
 遠くのほうは、ガスっているんですよ。


 でもね、周辺の山は青々と緑をたたえ、高原を渡る風は実にさわやかであります。
 眺望は望めませんでしたが、絶景は満喫することができました。

 “現場百遍”

 これからも、根気よく、取材活動を続けるつもりです。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本白根温泉 「嬬恋プリンスホテル」②
    コメント(0)