温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月21日

湯端温泉 「湯端の湯」②


 湯端の湯は、小さな山里で、ひっそりと湧いていました。


 「お久しぶりです。その節は大変ありがとうございました。新聞を見て来られた人が、たくさんいました」
 と、僕が駐車場に着くなり、作務衣姿で出迎えてくれた3代目主人の桑子済(とおる) さん。
 彼は、まだ20代です。
 僕が知る限り、県内で一番若い “湯守” であります。

 彼に会うのは、半年ぶり。
 前回は、今年の3月に朝日新聞の取材で訪れました。

 『湯守の女房』 という連載だったので、どちらかといえば奥様の真澄さんを中心に取材した記事でした。
 ので、今回は、きっちりとご主人に話を聞いてきました。

 と、いっても源泉の歴史や6年ぶり復活させた温泉宿再建までの奮闘記は、前回お聞きしましたからね。
 ※(当ブログ内、2013年3月7日「湯端温泉 湯端の湯」参照)
 今回は、お会いする早々、ご主人に、こう言いました。

 「ぜひ、源泉を見せてください」


 宿を出て、裏山に流れる小川に沿って約70メートル行くと、ちょこんと、お地蔵さんが乗っかった石積みが見えました。
 そのとなりには、扉の付いた小屋があります。

 「カギを付けたのは、最近なんですよ。勝手に源泉を汲んで、持って行っちゃう人がいるものですから」
 と、南京錠を開けると、中には石で囲まれた井戸のような水たまりが・・・

 これが湯端温泉の源泉、「湯端の湯」 であります。


 湯の歴史は古く、すでに明治時代には、ここに沼のような源泉が湧いていたといいます。
 宿の創業は、昭和46(1971)年。
 済さんの祖父が、地域の人たちに勧められて、温泉宿を始めました。

 だから今でも源泉は、地区共有の所有物です。
 管理者が、済さんということになっています。

 「今でも地区の人なら自由に源泉を汲むことができます。昔ほどいませんけど、それでも時々、カギを借りに来ますよ」

 源泉は、あせもやアトピーなどの皮膚病に特効があり、飲用すれば胃腸の調子が良くなるとも。
 また、この源泉で米を炊くと、シイタケのだし汁で炊いたような炊き込みご飯が出来るそうです。

 源泉は、かなり塩辛い高濃度の塩化物冷鉱泉です。


 昨晩は、ご厚意により泊めていただき、十二分にお湯を堪能してきました。
 ご主人、女将さん、ありがとうございました。

 よくぞ! 幻の薬湯を復活させてくださいました。
 温泉ファンのひとりとして、心よりお礼申し上げます。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯端温泉 「湯端の湯」②
    コメント(0)