温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月26日

能天気のすすめ


 先日、さる会社の社長さんと会食をしました。

 彼は、僕と同世代。
 公私共に付き合いのある古い友人でもあります。

 この日の彼は、いつもよりテンションが低めでした。
 無理もありません。
 1ヶ月ほど前に、会社がトラブルに巻き込まれて、新聞記事にまでなってしまったんです。
 当然ですが、代表として、しっかり彼の名前も紙上に載ってしまいました。

 「時間があったら、お会いできませんか?」
 と電話をもらったときから、だいたいの話の内容は察していました。


 「どう? 落ち着いた?」
 と僕が切り出せば、
 「おかげさまで、なんとか。でも今回は、ほとほと参りました」
 と、顚末(てんまつ) の一部始終を話してくれました。

 そして、彼は、こんなことを言いました。

 「小暮さんはさ、会社じゃないけど、長年1人で仕事をしてきたわけですよね。どうやって毎日、モチベーションを維持しているんですか?」

 なんでも、今の彼は、朝起きて、会社へ行くまでがツライのだそうです。
 「毎日、いかにして自分のテンションを上げるかに悩んでいます」


 ん~、・・・難しい相談ですね。
 だって、いくら僕が、ライター兼、社長兼、雑用係だといっても、所詮、個人です。
 しかも、パートもアルバイトも使っていない、まったくの “一人力” ですからね。
 僕がやっていることなんて、何人もの社員を雇用している彼の悩みの解消には値しませんって。

 だって、オイラは、能天気ですから!

 ただね、僕だって、ときどきテンションが下がりそうになることがあるんですよ。
 (まー、滅多にありませんけど。年に1、2回は・・・)
 そんなとき、自分をだますテクニックだけは、心得ています。

 ほめて、ほめて、ほめちぎるのみ!です。

 「よっ、天才!」「大したもんだね、オレ様は」「間違ってないよ、その生き方で」「今日も、みんながオレを待ってるぜ!」
 とかなんとか、歯の浮く言葉で、ほめちぎるのです。

 “豚もおだてりゃ木に登る” 戦法です。


 えっ、それでもテンションが上がらなかったら、どうするのかって?
 僕の場合、とりあえず、輝かしい(?)過去を振り返ります。
 と、いっても、大したことはありません。

 フリーになってからこなしてきた仕事のファイルや作品をめくり返すだけです。
 「ああ、この記事を書いたときは大変だったよな」
 とか、
 「この本を出版するまでは、本当に産みの苦しみを味わった」
 なーんてね。

 そして最後に、すべては “あきらめなかったから” こうして、実績として残っているんだ。
 そーだよ、だから、これからも、このままブレずに進めばいいんだよ。
 ね、天才ちゃん!(ちょっと大げさですが)

 でもね、それくらい能天気に励ましてあげないと、テンションは上がらないし、モチベーションを維持することはできません。


 だって、自分のやっていることに自分が応援してやらなくて、どうするんですか?
 自分の一番の味方は、自分です。

 たとえ10人の敵に囲まれても、僕は僕を最後まで信じてやるつもりです。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

この記事へのコメント
諸事情でぶろぐを閉鎖、削除したぎっちゃんです。
最後はじぶんが、自分を信じる。常に相手の反応を気にしていた性格には、とても新鮮でした。感謝します。
Posted by ぎっちゃん at 2013年09月27日 01:40
ぎっちゃんへ

お久しぶりです。
そーでしたか。それは残念でしたね。
相手を思いやる気持ちも大切だけど、自分を信じてやらないと、いざという時に強くなれませんよ。
また、一から始めれば、いいじゃないですか!
Posted by 小暮 at 2013年09月27日 10:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
能天気のすすめ
    コメント(2)