温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月28日

私がコンピューター


 フリーランスで仕事をしているというと、 “自由” なイメージを持たれそうですが、そのぶん “孤独” と葛藤している人たちがほとんです。
 だから僕らフリーランスは、とっても “ネットワーク” を大切にします。


 昨晩は、県内の某温泉旅館に、11名の仲間が集まりました。
 県内外でフリーランスで活動をしているクリエイターたちです。
 一番遠い人は、鹿児島県から参加してくれました。
 僕は7年前からの創設メンバーです。

 午後5時半。
 ひと風呂浴びてから、会議室にし集合。
 8回目になる総会が開催されました。

 議題は、この1年間の活動の報告と反省点の確認。
 そして、今後の展望について、1時間ほどディスカッションがありました。

 会議が終われば、当然、その後は、お待ちかねの酒宴です。
 みなさん、これが楽しみで、遠路はるばるやって来るのであります。

 でもね、僕らの酒宴は、ちょっと違います。
 もちろん、下世話な話や下ネタ話も時々飛び出しますが、話の中心は、どうしても仕事の話になります。
 仕事といっても、“お金” の話ではありませんよ。

 そこはクリエーター同士、“夢” の話で盛り上がります。


 「我々で、本を出版しよう!」
 という話題になり、その第一候補として、10年前に僕が原作を書いて、イラストレーターの I 女史がイラストを描いた絵本が上がりました。

 この本は、幼児向けに作られた30ページほどの動物が主人公の話です。
 当時、見本として数冊が製本されましたが出版、販売にはいたりませんでした。

 「いいね、あの本は、いいよ。賛成だな」
 と、最長老で絵本作家のN先生が太鼓判を押してくれました。
 なんでも、講演で、この本を題材にしたところ、子どもたちに大変評判が良かったとのことです。

 いやいや、N先生の後押しがあれば、百人力です。
 即、その場で、プロデューサーやデザイナー、印刷担当者までが決まり、夢はどんどん膨らんで、大いに盛り上がったのであります。
 もちろん、酒のほうも “飲み放題” ですから、メートルは上がる一方です。


 突然、I 女史が、こんなことを言い出しました。
 「あれ? 絵本のデータは、どうしたかな・・・。あっ、古いパソコンの中だ! どうしょう・・・取り出せるかなぁ~」
 不安顔になりました。

 ま、原本は何冊かあるわけですから、もしもの時でもなんとかなります。
 僕も、そしてスタッフも、ことのほか心配はしていませんでした。

 そしたら、I 女史ったら、
 「大丈夫、私がコンピーターだから!」
 と、自分の右腕を上げて、もう片方の手で、ポンポンと叩いてみせたのであります。

 これには、一同、大爆笑です。

 その自信たっぷりな笑顔!
 いいですねぇ~。
 長年、自分の腕1本で仕事をしてきたプロの笑顔であります。

 「そーだ!」
 「その通り!」
 「さすがだね」
 と、ヤンヤヤンヤのエールが飛び交いました。


 僕も、そう思います。
 僕らは、自由はあるけど、金はない。
 でも、アイデアと知恵がある。
 そして、組織に属さず、ひたすら一途に、おのれの才能と力を信じて生きてきた “自信” があるのです。

 何よりも、こうやって夢を語れるゆかいな “仲間” がいるじゃありませんか!

 僕らに “不可能” なんて言葉はありませんって。


 I 女史、よろしく頼みまっせ!
 10年越しの作品だもの、「夢の10倍返し」 と、いきましょうよ。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)

この記事へのコメント
絵本出版楽しみにしてます。
そいで一発当てて、鹿児島で総会しましょう!
Posted by 偽九州男児 at 2013年09月29日 12:06
先生・・・その意気!!! なせばなる、ならぬはひとのなさぬなりけり・・・ですものね。頑張ってください。ただし、先日の温泉の鯨さんのようなお山の大将の独りよがりはいただけませんが・・・そこはグループでの素晴しいところですものね。頑張ってください。たのしみにお待ちしております。
Posted by しをちゃん at 2013年09月29日 13:13
偽九州男児さんへ

2日間、お世話になりました。
また、遠路はるばるお越しくださり、ありがとうございます。
大好きな鹿児島で、焼酎をあおりながら、ぜひ総会を開きたいですね。


しをちゃんへ

ありがとうございます。
一人ではできない事も、仲間とならば夢がかなうこともあります。
一人は、仲間のために。
仲間は、一人のために。
がんばります!
Posted by 小暮 at 2013年09月30日 20:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
私がコンピューター
    コメント(3)