温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年09月30日

二の字の夜


 オヤジが、どんどん壊れていきます。
 いったい、この先、どうなっちゃんでしょうか?


 アニキが、東京へ帰ってしまいました。
 そもそも、仕事も家族も東京にある、東京都民なんですから仕方がありません。
 オフクロは、相変わらず入院中です。
 と、いうことは、僕がオヤジの面倒を看るしかありません。

 実家に泊まり込んで、2日間、一緒に過ごしてきました。


 「○○○(アニキの名前) は、どこへ行ったんだろうね?」
 「東京へ帰ったんだよ」
 「じゃあ、俺は一人ぼっちか?」
 「だからオレが、こうして来てるんだろうが!」
 「そうか、ジュンが居てくれるんだな?」
 「そうだよ」
 「夜は、どうするんだ? 俺は一人ぼっちか?」
 「オレが泊まるよ」
 「そうか、そりゃあ、うれしいな~」

 以前なら、この後、5分は記憶がもったのです。
 でも、昨日は違いました。
 2、3歩歩いたと思うと、振り返って、
 「○○○は、どこへ行ったんだ?」
 と、九官鳥のように繰り返してきます。


 オヤジは大正13年生まれの満89歳。
 足腰は丈夫で、1日3回、計3時間もの散歩を毎日欠かしません。

 でも、認知症をわずらっています。

 以前、このブログでも、オヤジの脳のことをパソコンに例えて、“上書き保存ができない” と形容しました。
 ハードディスクに残っている古い記憶は大丈夫なのですが、認知症の症状が出てからは、新しいことを記憶することができません。
 そう、上書き保存ができないのです。

 でも、数分は覚えていてくれたんですよ。
 なのに・・・
 その機能も壊れてしまいました。

 話すそばから 「削除」 ボタンを押されてしまうのです。
 言葉だけではありません。


 「昼飯はまだかなぁ~」
 だなんて、今、「ごちそうさま」 を言ったばかりなんですよ。

 「えっ、じいさん! 今、食ったばかりじゃねーかよ!」
 と言えば、
 「そうだったかなぁ……。分からなくなっちゃった」
 と、しょげてしまうのです。

 「自分のお腹に、聞いてごらんよ! お腹いっぱいでしょう?」
 と訊けば、
 「それが分からないんだよ」
 と言う始末。


 昨晩は、仕事を持って行ったので、実家の1階の部屋で原稿を書いていました。
 すると・・・
 5分ごとに、パジャマ姿のまま下りて来るのです。 

 「○○○は、どこにいるんだい?」
 「どうしてジュンがいるんだい?」
 「お前は、帰らないのかい?」
 「どこに寝るんだい?」

 もーーーーーーーっ、いい加減にしてくれよ!
 なんでもいいから、とっとと寝てくれないかな!
 ちっとも仕事が、はかどらないんだよ!

 「あんまりうるさいと、オレ、帰っちゃうよ」
 と、いらだった僕は、心にもないことを言ってしまいました。
 そしたらオヤジったら、泣くんですよ。
 「イヤだよ」 って。


 深夜、そーっとオヤジの部屋に行くと、オヤジは気持ち良さそうに寝息を立てていました。

 僕は酒を飲みながら、しみじみとオヤジの顔を眺めて思いました。
 「まったく、子どもと同じだな」 って。

 遊んで、タダこねて、怒って、泣いて、疲れて、寝ちまうなんて。

 でも、いるだけで、いいんだよ。
 だってオヤジは、いっつも言ってるじゃないか。
 「子どもがいない人は、かわいそうだ」 ってさ。
 「子どもがいても、面倒を看てもらえない年寄りはたくさんいる。ああ、俺は幸せ者だ」 ともね。

 そんなこと言われれば、息子としては面倒を看ないわけには、いかないでしょう。
 ずるいよな、オヤジは。


 オヤジの寝顔を見ていたら、ついつい酒を飲み過ぎてしまいました。
 そして僕も、オヤジの隣に床を延べて、眠りに就きました。

 二の字になって。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
この頃、姑も物忘れがひどくなりました。

つい、数分前のことも覚えていないことがあります。

これからどうなるんだろうという不安の毎日というのが本音です。

まわりが怒らないようにするのがいいと言われますが、口うるさく言っちゃったり、課題が多いいです。
Posted by ぴー at 2013年10月01日 11:29
ぴーさんへ

怒っているわけではないのですが、オヤジは耳が遠いため、ついつい大声になってしまいます。
“忘れてしまうのは、覚える必要のないことだから”
と解釈しようとしているのですが、あんまりしつこく聞き返されると、さすがにイラッとしますよね。
お互い、がんばり過ぎないように、がんばりましょう!
Posted by 小暮 at 2013年10月02日 21:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
二の字の夜
    コメント(2)