温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年10月09日

花敷温泉 「花敷の湯」


 『 山桜夕陽に映える花敷きて
  谷間に煙る湯にぞ入る山 』

 建久3(1192)年、源頼朝がイノシシ狩りの際に湯を発見し、その時に詠んだとされる歌です。
 “花敷” という温泉名も、この歌から名づけられたといいます。

 と、いうことで、久しぶりに群馬県中之条町(旧・六合村) に湧く秘湯、花敷温泉の一軒宿に泊まってきました。


 かつて、ここには3軒の旅館がありました。
 1軒、また1軒と姿を消して、現在では 「花敷の湯」 だけが湯と歴史を守り継いでいます。
 創業は、昭和39(1964)年。
 先代が 「花敷温泉ホテル」 を開業しました。

 ところが・・・
 主人が若くして亡くなってしまったため、しばらくは休業状態が続いていました。
 今から約20年前に、息子で現主人の山田豊さんが、2代目を継承。
 「囲炉裏の御宿 花敷の湯」 として、リニューアルオープンさせました。


 僕は、過去に何度も取材で訪れているのですが、今回初めて、じっくり泊まって、のんびり湯に入って、ゆっくり料理をいただいてきました。


 やっぱり、ここの魅力は、貸切の露天岩風呂でしょう!

 「たぶん全国でも、もっとも古い露天風呂の1つだと思います」
 と主人。
 昭和30年代に崖の途中に造られた、なんともレトロな湯舟なんです。

 話によれば、源泉の権利を持っていた先代が、村の人たちのために造ってあげた混浴の共同湯だったとか!
 その後、崖の下に現在の共同湯(地元の人しか入れません) を造ったため、旧・花敷温泉ホテルの所有になったとのことです。

 浴室から崖の下を覗き込むと、下から石段が上っているのが分かるんですよ。
 当時の共同湯だったころの名残りなんですね。
 まさに、「22世紀に残したい群馬の温泉遺産」 であります。


 ひと風呂浴びたら、作務衣(さむえ) に着替えて・・・

 この作務衣というのが、ミソです!
 客室には、浴衣もあるんですけど、作務衣も置いてあるんです。
 どちらも選べます。

 で、お迎えのマイクロバスに乗って・・・

 えっ、どこへ行くんだって?

 はい、食事処です。
 宿から約800メートル離れたところに、別邸 「囲炉裏の庵(いおり) 」 があるのです。
 そこへ、主人自らが送迎してくれます。


 ま~、圧巻ですよ!
 先代が木材商を営んでいただけのことはあります。

 樹齢1千年ともいわれる山桜や山栗の巨木が、ニョキニョキと200畳の日本家屋の中に生えているのです。
 と思ったのですが、これが柱です。
 この大きな柱に囲まれた囲炉裏端で、「深山懐石料理」 をいただきました。

 川魚、和牛、地鶏、野菜を炭火で焼きながら、冷酒をいただく至福の時!
 特筆すべきは、すべての料理が地の食材を使っていること。
 一切、海のモノはありませんでした。

 海へ行ったら海のモノを・・・
 山へ来たら山の物を・・・


 あー、群馬って、美味しい山の幸がたくさんあるんだな~!
 と、しみじみ思った夜でした。

 ご主人、取材協力ありがとうございました。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
花敷温泉 「花敷の湯」
    コメント(0)