温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年10月14日

『エッセイスト』 にあこがれて


 玉村豊男・著 『エッセイスト』(中公文庫)

 僕がフリーランスのライターになって、しばらくして手にした本でした。
 当時、すでに玉村氏はエッセイストの他にも、画家や農園主、ワイナリーオーナーとしても知られる作家でした。

 まだ駆け出しのフリーライター(自営文筆業者) だった僕には、ことのほか、この本との出合いは、その後の人生の大きな指針となりました。
 取材の仕方や編集者との付き合い方、原稿料や印税についてのあれこれ・・・。
 読めば読むほど、「よし、オレも玉村さんのような物書きになるぞ!」 と、より情熱と決意が増した記憶が、今もよみがえってきます。


 今日、待ちに待った玉村豊男氏の講演会へ行ってきました。
 会場は、群馬県佐波郡玉村町の玉村町文化センター 「にしきのホール」。

 “玉村さんが、玉村町に来る”
 というのが、話題の1つだったようです。

 「玉村という町が群馬県にあることは知っていて、行ってみたいとは思っていたが、今日、やっと来ることができました」
 という話から始まり、玉村姓の由来から、自分の出生秘話など、著書ではあまり触れられていない生い立ちを話されました。

 もちろん、どうしてエッセイストになったか? その波乱万丈、紆余曲折の人生と、恵まれた人脈により運命が切り開かれた話は、おこがましくも自分と当てはめてしまい、いやに納得しながら聴いていました。


 職業柄、というか、僕も講演活動を行っていることもあり、近くで著名な人の講演会があるときは、なるべく聴きに行くようにしていますが、講演会というと、各ジャンルの専門家の話が多くて、勉強にはなりますが、共感することは少ないものです。
 でも今日の講演は、同じ文筆業の大先輩の話とあって、興味深く、またモノを書くことへの勇気をもらってきました。


 <すぐれたエッセイは作り話がなく、ノンフィクションよりも私的で、随筆よりも考察的、そして面白い。>

 これは 『エッセイスト』 のカバーに書かれている宣伝文句です。
 自分も、そんなエッセイが書けるライターでありたいと、深く、深く、思うのであります。


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『エッセイスト』 にあこがれて
    コメント(0)