温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年10月25日

赤城高原温泉 「山屋蒼月」②


 僕が赤城高原温泉の一軒宿、「山屋蒼月(やまやそうげつ)」 に、最初に取材で泊まったのは、もうかれこれ10年近くも前のことです。

 その後も、何度か取材で訪れていますが、訪れるたびに、何かが変っている旅館です。


 この10年で、変ったもの・・・

 まず約5,000坪という広大な敷地が、立派な庭園に仕上がっていました。
 昔は、手つかずの荒地になっていた記憶があります。

 別館が改築され、庭園内に3棟の離れ客室が新設されました。
 そして今回、訪ねてみると、本館の客室がリニューアルされていました。

 11部屋あったところを8部屋に縮小し、そのぶん1部屋分のスペースが広くとられています。
 うち、6部屋には、露天風呂もしくは半露天風呂が付いているという贅沢な部屋に変身していました。

 「うちの特長はさ、部屋に風呂があるところだからね。思い切って部屋数を減らして、風呂付の部屋を増やしたのよ」
 そう言いながら、2代目主人の手島安榮さんが、ひと部屋ひと部屋、案内しながら説明をしてくれました。

 驚いたのは、その露天風呂の大きさ!
 「これが部屋に付いている風呂ですか?」
 と驚く僕に主人は、
 「だって、そこがうちの売りだもの」

 「そのぶん、値段もお高いんでしょうね?」
 と問えば、
 「都会の人からみれば、熱海や箱根の旅館と比べると、かなり安いと思うよ」

 実際、後で宿泊料金を聞いてみてビックリ!
 県内の同クラスの温泉旅館の料金と比べても、平均的な金額なのです。
 それでいて、このゴージャスな露天風呂が部屋に付いているのですから、かなりのお得感があります。

 「常連客はさ、部屋の名前で予約をしてくるんだよ。その部屋が空いてないと、空いている日を予約する。お客さんによって、
  好みの部屋が違うんだね」

 確かに、みんな微妙に部屋の雰囲気とタイプが違います。
 純和風、和風モダン、民家風、ロッジ風と、年齢層や趣味趣向によっても部屋を選べるようになっているんですね。

 温泉旅館は、時代の流れの中で、世の中のニーズに合わせながら変化しているのですね。
 大変、勉強になりました。


 最後は、ゆっくりと内風呂と露天風呂に入って、取材終了!
 あいにくの曇天でしたが、晴れていて条件が良ければ、はるか眼下にスカイツリーが見えるんですって。

 関東平野を一望する、なんとも贅沢なお宿であります。 


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤城高原温泉 「山屋蒼月」②
    コメント(0)