温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年10月30日

白根温泉 「加羅倉館」④


 まさに、今が旬!
 「紅葉狩り」 のハイシーズンです。

 金精峠を越えて日光中禅寺湖へ抜ける、通称 「日本ロマンチック街道」 の国道120号は、ただいま山が錦に燃え上がっています。
 仕事でなければ、もっと楽しいのですが、仕事でも充分に堪能してきました。


 「今年の色づきは、イマイチだね」
 と、清流・大滝川に架かる赤い橋の上で、5代目主人の入澤眞一さんが出迎えてくれました。
 「今朝、やっと霜が下りたんだもな。色づくには、遅いよね」

 入澤さんに、初めてお会いしたのは、かれこれ10年ほど前。
 「これは特別だよ。メニューにはないからね。たまたま今日、友人が撃ってきたんだよ」
 と、夕食に出されたテンコ盛りの “鹿刺し” にビックリ仰天したものでした。


 そういえば、国道の端に立つ看板が気になりました。

 <鹿の飛び出し注意!>

 「相変わらず、鹿が多いんですか?」
 と問えば、
 「ああ、ヤツラは突然、車道に飛び出してくるからね。危ねえったら、ありゃしねーよ」


 そして、
 「やっぱりさぁ~、いい湯ってーのは、口コミで広がるんだね。『人から聞いた』 ていう県外からの客が、だいぶ来るようになったからね」
 と、いつものように湯の自慢話が始まりました。
 とにかく入澤さんは、自分とこの湯が、大好きな人なんです。

 18年前。
 それまで水上温泉で働いていた入澤さんは、知人から加羅倉館の管理人を頼まれました。
 当然ですが、奥さんは猛反対でした。
 知り合いもいない、山奥の一軒宿ですからね。

 でも入澤さんは、ここの湯に惚れ込んでしまったんです。
 「とにかく 『湯がいい』 の一点張りで、押し切られてしまいました」
 とは、女将となった奥さんの澄子さん。

 まあ、僕は、入澤さんの気持ちが分かりますけどね。
 だって、源泉が13本も湧いているんですよ。
 しかも、すべて自然湧出!
 とにかく、湯量豊富で高温度の温泉が、ジャンジャンと湯水のごとく湧き出しているのです。

 ここでは、“源泉かけ流し” という表現は、当てはまりません。
 だって、半分以上の湯が使いきれずに、目の前の川へ流れてしまっているのですから。

 これこそが、“源泉たれ流し” であります。


 その湯は、けれんみのない、直球ストレートの単純温泉。
 まるで、湧き水のように澄んでいて、キラキラと光り輝いています。

 僕は、「生一本の湯」 と呼んでいます。

 それゆえ、入浴するときは、僕もいい加減な気持ちでは入れません。
 ピーンと背筋が伸びてしまう、優等生と対話しているような真面目な浴感なのであります。

 やや熱めですが、正統派の温泉好きには、おすすめの湯です。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
白根温泉 「加羅倉館」④
    コメント(0)