温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年12月05日

我が青春のマーチン


 今日は、僕が所属するオヤジバンド 「KUWAバン」 の練習日でした。
 平日の昼間に行うのが習わし。
 フリーランスで仕事をしているメンバーならではの特権です。

 でも、練習をするのは、年に数えるほどしかありません。
 ライブが決まり、新曲をレパートリーに加える時ぐらいです。

 で、今月、某温泉旅館でのライブが決まったものですから、あわてて練習をしたというわけです。
 懐かしのフォーク&GS(グループサウンズ) のコピーバンドなので、お座敷に呼ばれることが多いのであります。


 実は僕、もう1つ 「ジュン&クァパラダイス」 というバンドもやっています。
 こちらはオリジナルご当地ソングのみを演奏するバンドなので、市町村のイベントやお祭り専門です。
 着物姿の踊り子たちが、僕の歌に合わせて踊っています。
 でも最近は、お声がかからないので、活動休止状態です。


 いつから、こんなバンド遊びをしているのかと言えば、まだ15年くらいのもの。
 40歳を過ぎてからです。

 当時、「KUWAバン」 のリーダーに誘われて、イヤイヤながら始めた記憶があります。
 実は僕、長年、“音楽恐怖症” をわずらっていたのです。

 10代からシンガーソングライターを目指して、東京へ出て行き、ストリートやライブハウスで歌っていた僕にとって、音楽は思い出したくもない、ツライ過去だったのであります。
 だからギターを弾いたり、歌を歌うことに、強烈な抵抗がありました。

 「遊びで音楽なんてできない!」
 そんな思いだったんでしょうね。。

 事実、あれほど大切にしていたギターだって、一度も触れずに、押入れの奥に封印したままでした。


 マーチンHD-28 (ヘリーンボーン・カスタム)

 今から35年前、20歳の時に45万円で手に入れたあこがれのギターです。
 もちろん、売れない歌手に、そんな大金はありません。
 ローンを組んで、アルバイトをしながら何年もかけて返済をした “相棒” であります。


 20代の後半。
 結婚をして、子どもが産まれて、音楽も捨て、仕事もせずに、途方に暮れていた時期がありました。
 ただただ、後ろばかりを振り返り、自分の無能さを責めていた日々。
 僕は、ある日、このギターを売ることにしました。
 働くより、手っ取り早く、現金を手に入れようとしたのです。

 その時、猛反対をしたのは、家内でした。
 「本当に、いいの? 本当に、いいの?」
 と、ギターを売りに行こうとした僕を引き止めました。

 「こんなモノがあるから、いつまで経っても、オレは前を向いて歩き出せないんだよ」
 そう言って、家内を振り払おうとした時です。
 彼女が、言いました。

 「私は、音楽をやっているあなたと結婚したんだからね。今はダメでも、いつかきっとまた、やりたくなる時がくるから、その時まで大切にしまっておこうよ」


 あれから25年以上が経ちました。

 相変わらず、マーチンは押入れの中です。
 たまに取り出して、陰干しをしていますが、このギターを弾く気持ちには、まだなれません。

 現在、バンド活動で使用しているギターは、40歳を過ぎてから買った安物です。


 いつか、あのマーチンをもう一度、弾く日が来るのでしょうか・・・

 あまりにも思い入れが深過ぎて、いまだに軽い気持ちで弾くことができません。


 でもいつか、もう一度・・・
 昔のように・・・
 

同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 風は西から (2018-01-20 12:01)
 暮れ展、はじまる。 (2017-11-20 14:12)
 群馬定食&オリジナルスタンプ (2017-11-08 11:38)
 夏だ! 祭りだ! 老神温泉 (2017-08-04 23:24)
 夏だ! ライブだ! 四万温泉 (2017-07-27 11:24)
 四万ライブ 参加アーティスト募集中! (2017-06-15 15:33)

この記事へのコメント
楽器は弾かれるために作られました
弾いてなんぼでっせ
また、音もでなくなりまっせ
そして、売っても二束三文でっせ
なにかのご縁で出会ったのですから
大事にしてください。
Posted by 野兎 at 2013年12月05日 22:07
野兎さんへ

ありがとうございます。
重々承知しているのですが……
一時は、他人に預けて、弾いてもらっていたこともありました。
たぶん、もう少しで心の傷が癒えると思うのですが……
Posted by 小暮 at 2013年12月06日 10:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
我が青春のマーチン
    コメント(2)