温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年12月09日

かーちゃん床屋


 髪を切りました。
 かーちゃん床屋です。

 結婚して27年間。
 ずーーーーっと、僕の髪の毛は、家内が切ってくれています。
 もちろん、3人の子どもたちも、床屋や美容院を知らずに育ちました。

 恥ずかしいのでしょうかね。
 息子は20歳を過ぎてから、かーちゃん床屋を卒業して、今風のカットハウスへ行き出しました。
 でも、その代わり、孫が長女に連れられて、「ばーちゃん床屋」 へ来るようになりましたよ。


 きっかけは、30年前。
 僕が家内に出会ったとき、彼女は美容学校の学生でした。
 やがて美容室に勤めるようになり、我が家にも遊びに来るようになりました。

 ある日のこと、
 「お前の彼女、美容師だって? だったらオレの髪、切ってくれよ」
 とオヤジに言われ、彼女がハサミを持って、遊びにやって来ました。

 その時の印象が、とっても良かったんですね。
 「ああ、こういう娘が奥さんなら、いいなぁ~」
 って。
 でも、そう思ったのは、僕だけじゃなかったんです。
 オヤジもオフクロも、同じことを思ったようです。

 あれから30年・・・
 今でも家内は、ときどき僕の実家へ、両親の髪を切りに行ってます。
 「よめさん床屋」 です。


 で、27年間、一度も床屋へ行ったことがないのか?と言えば、実は2回だけあります。
 どんな時って、そりぁあ……
 ケンカをした時に決まってますよ。

 でも、やっぱり、いくらプロでも他人だと、なんだかシックリこないんですよね。
 仕上がりに、文句も言えないし。


 「前髪は短く、横は薄くして、後ろは長めで」
 と言えば、
 「バランスっていうもんがあるのよ。うるさいこと言うんなら、よそへ行きなさいよ」
 と返ってくるのが、毎度のこと。

 仕上がりを鏡で見て・・・
 「もー、言ったとおりに切ってないじゃん。短過ぎるよ!」
 と文句を言えば、
 「だから、よそへ行きなさいよ。はい、後のそうじ、よろしくね」
 と、ホウキとチリトリを手渡されるのが常です。


 夏は、日陰を見つけて。
 冬は、日だまりを探して。

 ネコの額ほどの小さな庭に、イスを出して、チョッキン、チョッキン、
 かーちゃん床屋が始まります。

 「こんにちわ。あーら、仲良くて、いいわね。奥さんの床屋さんですか」
 近所の人たちが声をかけて通ります。
 「いやいや、これが本当の “髪結いの亭主” ですよ」
 なーんて、照れ隠しで答えます。

 きっと、息子には、これが耐えられなくなってしまったんでしょうね。
 「その髪、どこで切っているの?」
 って、彼女や友だちに訊かれて、
 「かーちゃん床屋」
 とは、答えられませんものね。


 家内は今はもう、美容師ではありません。
 とっくに辞めてしまって、別の仕事に就いています。
 それでも、
 「家族の髪を切るのが、私の夢だったから」
 と言って、うれしそうにハサミを動かしてくれます。


 今日、ふと、怖い考えになりました。
 もし、僕より家内のほうが先に死んじゃったら、僕の髪の毛は、誰が切るんだろうか……
 って。

 だって、新しく床屋さんを探して、髪を切りに行くなんてこと、とてもじゃないけど僕には勇気がありません。

 て、いうことは、何がなんでも、僕のほうが先に死ぬしかありませんね。
 そのほうが、家内にとっても、幸せだと思うんですよ。

 だから、家内に長生きしてもらわなくてはなりません。
 でも、そのためには、僕が、もうこれ以上、心配事を増やさないということです。

 う~ん、これが、一番難しい・・・
 人生、もう少し、ヤンチャをしていたいのであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

この記事へのコメント
最近は、普通の美容院と1000円カット併用です。

初めはおっさん?てきな感じがありましたが、なれれば安くてお得ですね!

山田べ○子さん情報
知ってましたか?
現在、関西在住でご結婚されて出産まじかなのか生んだのか?
ブログされてます。
専業主婦ということで、新しい人生を歩んでます。
Posted by ぴー at 2013年12月10日 14:26
ぴーさんへ

そーでしたか!
結婚をしたのは知っていましたが、お母さんになられるんですね。
雑誌で対談したのは昨年の1月ですから、もう2年近く経ちます。
笑顔が、とっても魅力的な女性でしたよ。
Posted by 小暮 at 2013年12月11日 20:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
かーちゃん床屋
    コメント(2)