温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年12月11日

摺渕温泉 「山十旅館」


 八ツ場(やんば)ダムの建設に伴う、代替地への移転が遅遅として進まない川原湯温泉。
 その川原湯温泉とともに水没予定地にされた長野原町河原畑地区で民宿を営んでいた篠原さん一家は、ダム問題に翻弄(ほんろう)されながらも、意を決し片品村へ移り住み、2004年に温泉旅館を始めました。

 摺渕(すりぶち)温泉 「山十(やまじゅう)旅館」。
 眼下に片品川を見下ろす高台に建つ、一軒宿です。


 「どうも大変ご無沙汰しています」
 どちらからともなく、あいさつを交わしました。
 2代目主人の篠原徹則さんにお会いするのは、2009年に出版した拙著 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞) の取材以来ですから、4年半ぶりになります。

 「また一晩、お世話になります。忙しいでしょうけど、どこかで時間を取って、話を聞かせてください」
 と僕が言うと、
 「ちょうど厨房に入ってしまったところなので、夕食の後でよろしいですか? それまで温泉に入って、ゆっくり過ごしてください」
 と主人は、申し訳なさそうに調理場へもどって行きました。


 篠原さん一家は、オープンの前年に、この地へ引っ越してきました。
 片品村摺渕を選んだのは、温泉の効能に惚れ込んだからだといいます。

 泉質は、アルカリ性単純温泉。
 肌にやさしくまとわりつくツルスベの湯は、すでに地元住民の間で、アトピー性皮膚炎に効く温泉として評判でした。

 「うちの子がアトピーで悩んでいたんですよ。でも越して来てからは、すっかり治ってしまいました。湯の効能は、うちの子で実証済みです」
 と、初めてお会いした時に、移転から開業までの経緯を話してくれました。


 自慢の湯は、相変わらずツルツルとしたアルカリ性温泉特有の浴感を保っていましたよ。
 窓の外は、チラチラと雪が舞っています。
 片品村は、もう、すっかり冬景色です。

 湯上がりは、暖かな広間で、夕食をいただきました。
 「お飲み物は、何かお持ちしますか?」
 なんと、配膳と給仕をしているのは中学2年生の息子さんです。

 話を聞けば、学校から帰ってくると、毎日、旅館を手伝っているんだそうです。
 「強制的に手伝わせているんじゃないんですよ。親の仕事を見ているうちに、自然と手伝ってくれるようになったんです」
 と、主人もうれしそう。
 早くも、3代目の後継者ができたということですね。
 素晴らしい!

 実は、この旅館、肉と魚以外は自家製食材でまかなっている “地産地食” の宿なんです。
 煮物や天ぷら、鍋に使用する野菜は、すべて自家農園で作られています。
 もちろん、お米もです。

 いゃ~、僕は、こういう素朴な田舎料理が大好きなんです。。
 旅館料理というと、どうしても豪華な会席料理が定番ですが、見た目ばかりで、どうも食べた気がしません。
 田舎の親戚の家で、もてなされているような家庭料理が、一番ホッとします。


 家族だけで、力を合わせて、細々と頑張っている一軒宿。
 実は、そんな小さな温泉宿が、“湯の国ぐんま” を支えているんですよね。

 温泉と手づくり料理と主人の人柄に、心がほっこり温まった取材でした。
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
摺渕温泉 「山十旅館」
    コメント(0)