温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2013年12月30日

納詣のすすめ③


 今年も納詣(のうもうで) に行ってきました。

 納詣? 何それ? て思われた人もいるでしょうね。
 新年に神社や寺院を詣でるのが 「初詣」。
 年末に行くのが 「納詣」 です。

 僕は、もう15年くらい前から毎年、行っています。
 ※(始めた理由については、2010年12月27日「納詣のすすめ」、2012年12月30日「納詣のすすめ②」をご覧ください)

 初詣は願い事をしますが、納詣は願いを叶えた報告に行きます。


 「おかげさまで、今年も4月に本を出版することができました。また、新聞の新連載も始まり、講演会の依頼も増え、一年間忙しく、そして楽しく大好きな温泉をめぐることができました。神様、お力添えをありがとうございました」
 ってな具合に、今年1年間の成果を報告するのです。

 初詣では、こうはいきません。

 新年の神社や寺院は、人でごった返しています。
 神様だって、一人一人の願い事を聞いてる余裕なんて、ありませんって。

 でもね、年末のこの時期、神社や寺院へ行ってみてください。
 境内には、人っ子一人いませんよ。

 いても、社務所の人たちが、新年を迎える準備をしているくらいです。


 今日、僕が行って来た神社も参拝客は、だーれもいませんでした。
 (ただ、参道では、テキヤのおにいさんたちが、屋台の準備をしていました)


 神様をひとりじめ!

 ゆっくり、時間をかけて、1年間の報告をしてきました。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
納詣のすすめ③
    コメント(0)