温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月13日

20歳の僕へ


 <朝、目覚めると、外は一面の銀世界だった。東京へ来て、初めて見る雪。群馬も降っているのだろうか?>

 これは1979年1月13日の、僕が書いた日記の書き出しです。
 この後、土曜日なのにバイトへ行ったこと、帰りにバイト仲間と新宿の喫茶店で話し込んだこと、そして当時、付き合っていた彼女のことが、延々とつづられています。

 あれから、35年・・・


 今日は、成人の日。
 全国で約121万人が、群馬県内では2万632人が新成人となりました。


 35年も前のことだもの、自分が20歳になったときの感想なんて覚えていません。
 だから、納戸の中からセピア色の日記を引っ張り出してきたのであります。

 でも、成人式のことは一切、記されていませんでした。
 また、式典に出席した記憶もありません。
 日記の前後を読み進むと、どうも、当時の僕は、それどころではなかったようです。


 当時、僕は、昼間はバイトをしながら、夜学の音楽学校へ通っていました。
 明けても、暮れても、音楽のことばかり考えていたようです。

 1月25日(木) はれ
 <デモテープ録り。
 『中野通りを北に』 と、もう1曲は新しく作った 『忘れかけてた町』。
 なかなかメロディーも決まっていて、良い出来でしょう。
 今度の日曜日は、全員メンバーが集まり、ミーティング。
 そして、いよいよ2月は、レコーディングです。
 ファイト!>

 だもの。
 成人の日もなにもなかったんでしょうね。
 夢にまで見たレコーディングに向かって、青春まっしぐらだったようです。


 ふと、20歳の自分に会ってみたくなりました。
 話ができなくても、いいんです。
 そっと陰から、当時の自分を見てみたいんです。

 でも、もし、会って話ができたら、20歳の僕は、今の僕を見て、なんて言うんでしょうね?

 「えー、オレ、こんなオッサンになっちゃうのかよ」
 と、幻滅するでしょうか? それとも
 「へー、オレって、将来、物書きになるんだ」
 って、驚くでしょうか?

 そう考えると、会うのが怖いような気もします。

 でも、間違いなく、これだけは “彼” に伝えられる自信があります。
 「昔も今も、生きざまだけは、変えていないぞ!」
 ってね。


 新成人のみなさん、おめでとうございます。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
20歳の僕へ
    コメント(0)