温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月15日

奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」③


 みなかみ町の県道を上牧温泉から水上温泉へ向かう途中、右に折れ、JR上越線のガードをくぐると景色が一変!
 一面、雪の原です。

 えっ、わずか数十メート県道から入っただけで?
 <ここよりチェーン必着>の立て札。

 電話で問い合わせると、「スタッドレスを履いていても不可」 とのこと。
 仕方なく、宿からの迎えを待つことにしました。


 奈女沢(なめざわ)温泉の一軒宿、「釈迦(しゃか)の霊泉」 は、幾度となく取材で伺っていますが、真冬のこの時期に訪ねるのは初めてのこと。
 また、いつもは日帰りの取材でしたが、昨晩は、女将の今井経子さんのご厚意により、泊めていただきました。

 「はい、御神水をどうぞ」
 必ず女将は、まずコップ一杯の源泉水を出してくれます。
 ※(ここでは、源泉水のことを 「御神水」 といいます)


 「小暮さんの記事を読んで、私も不思議に思って、自分ちの湯に入ってみました。そしたら確かに、手足が・・・」
 と女将さん。
 なんのことを言っているのかといえば、僕が著書の中で書いている “不思議体験” のことです。

 <霊泉場(浴室) にて湯に体を沈めた途端、ピリピリと全身に電流のような刺激が走ったかと思うと、強い浮力により両手両足がフワフワと勝手に湯の中を漂い出したのである。>
 (『みなかみ18湯』下巻 奈女沢温泉「釈迦の霊泉」より)


 「そしたら、小暮さんの記事を裏付ける資料が、送られて来たんです」
 と女将は、さる研究者による 『釈迦の霊泉と○○のイオン化作用』 というレポートを見せてくれました。
 ※○○(鉱物名) については、現在、事情により公表することができません。

 この自然科学者のレポートによると、、確かに○○が放出するイオンと体のイオンの呼応により、電流が流れ出すことが書かれています。
 また、○○が溶け込んだ液体は比重が重くなり、体が浮くことも化学的に証明されていました。


 「本当ですね! これで僕もウソを書いてなかったということが証明されたわけですね!」
 と、宿に着くなり、かなり興奮気味の僕。
 前回の源泉にラドンが含まれていることが証明された話といい、「釈迦の霊泉」 は訪れるたびに、僕を驚かせてくれる温泉です。
 ※(当ブログの2010年8月28日「奈女沢温泉 釈迦の霊泉」、2012年11月10日「奈女沢温泉 釈迦の霊泉②」を参照)


 昨晩は、御神水で焼酎を割りながら、雪見酒とシャレ込みました。

 女将さん、スタッフのみなさん、大変お世話になりました。
 手づくりの料理、どれも “おふくろの味” がして、とっても美味しかったですよ!
 (特に 「おから」 と 「ほうれん草の白あえ」 は絶品でした)
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川古温泉 「浜屋旅館」⑧ (2018-12-13 10:32)
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)

この記事へのコメント
先生、ご存知と思いますが、釈迦の霊泉のお湯&宿泊が再開したようです!
年末からプレオープンとなったそうです。うちは、最近はお水だけ購入していたのですが、さきほど、お電話で嬉しいお話をスタッフの方に聞きました。
また泊まりにいきたいと思います(^^♪ わん!
Posted by ムク at 2018年01月15日 15:08
ムクさんへ

それは朗報です!
よかった、よかった。

僕は講演会などで、奈女沢温泉での不思議体験話をしています。
群馬の温泉の中でも、秘湯中の秘湯。
そして唯一無二の泉質を持つ源泉です。

すでに泊まっていたとは、ムクさん、さすがです!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年01月16日 13:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」③
    コメント(2)