温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月21日

不幸が足りない


 「わかった! 小暮さんに足りないもの。それは、“不幸” ですよ!」

 先日の新年会でのこと。
 突然、さる女史が大声を上げました。

 不幸?
 なに、それ?

 「小暮さんには、何かが足りないと思っていたんですよ」
 とは、謎めいた珍問答のようです。

 すると、もう1人が、
 「確かに、偉大な作家や芸術家は、みんな不幸を背負っています。そして、その不幸が作品を生み出す原動力になる」
 だなんて……。

 おいおい、僕は作家でも芸術家でもありませんよ。
 ただの物書き。それも、温泉入って、感想を書いている、ただのライターです。


 でもね、あれから数日経った今でも、なんだか、この言葉が頭の中に巣作っていて、繰り返し繰り返し、めぐってるんです。

 “不幸が足りない” “不幸が足りない” “不幸が足りない” ・・・・・・


 思えば、言い当てていて妙な言葉です。
 確かに生まれてこのかた、「不幸」 とは無縁の人生を送ってきていますもの。

 始まりは、6歳の春でした。
 僕は兄と父と、父の教え子の車で榛名山へドライブに行きました。
 その帰り道、車がカーブを曲がりきれず、一回転してガードレールに突っ込みました。
 なのに全員、無傷だったんです。

 特に僕は、回転する車の中から、道に放り出されたといいます(目撃者・談)。
 九死に一生!
 まず、ここで僕は、不幸との遭遇を回避しています。


 それから45年後。
 今から5年前のことです。
 高校2年生だった息子が、通学途中に自転車ごと車にはねられました。
 飛ばされ、フロントガラスをぶち破り、もう一度はねられ、道路に叩きつけられる大事故です。

 もちろん息子は、意識不明の重体。
 翌日の新聞には、しっかりと 『高校生 はねられ重体』 の記事が!

 3日間の昏睡状態が続き、息子は4日目にこの世に帰ってきてくれました。
 ここでも、奇跡が起きたのです。
 またしても僕の前から、不幸が逃げて行きました。


 一昨年は心臓病、昨年は脳出血と、オフクロが2度にわたり倒れましたが、やはり後遺症もなく病院から帰ってきました。
 これを人は、「何かに守られている」 というのでしょうが、完全に不幸に見放されている一家とも言えそうです。


 それ以外にも、自分の人生を振り返ると、確かに “不幸” と無縁のようであります。
 27歳で結婚したわけですが、僕は無職でした。
 本来なら、無職の男は結婚なんてできませんって。
 だから僕も断りましたが、家内にとって無職は、結婚を断る理由にはならなかったようです。

 そして妊娠、出産。
 あれよのうちに、3人の子の父親となりました。
 と、思ったら3年前には、孫までできて、まるで幸せを絵に描いたような模範的人生を送っていたのです。

 いくら僕自身が、波瀾万丈な奇抜な人生を演出しても、他人には順風満帆の人生に映っているということなんでしょうか……。
 だもの、貧乏くらいじゃ、他人は納得してくれませんよね。
 だって、貧乏は、必ずしも “不幸” の条件じゃありませんもの。


 ああ、どうすれば “不幸” になれますか?
 僕の人生に足りないもの、それは “不幸” なんです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
不幸だと思えば、全てが不幸になるし、不幸じゃないと思えば、全てが不幸じゃない。
小暮師匠は、どんなときでも不幸じゃないと思うので、一生不幸にはなりませんって(それでは、大作が出来なくなってしまうのですが・・・。)
Posted by ヒロ坊 at 2014年01月22日 10:17
共通点!?

藤原拓海も必ず勝ってしまう強運な設定
ドラゴンボールは死んでも生き返る設定

『生まれ持って何かをもっているのかな…』高橋良介のセリフより
Posted by ぴー at 2014年01月22日 10:25
ヒロ坊さんへ

幸福は自分の心が決めるもの。
不幸は他人が決めるもの。
だから、きっと僕は幸せなんですね。
不幸を感じられない無痛人間のようです。
でも、それくらい鈍感じゃないよ、この世の中わたってはいけませんって。


ぴーさんへ

自分でも良くわからないのですが、強運の持ち主だとは思います。
ただ、金運だけは生まれてこのかた、まったくありません。
「天は二物を与えず」 ですね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年01月22日 20:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不幸が足りない
    コメント(3)