温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月22日

ケンちゃんの記憶


 みなさんは、今月の5日に 『賀状御礼』 というタイトルで、ブログを書いたことを覚えていますか?
 そのとき、僕は今年届いた年賀状について、感想とお礼を述べました。

 ただ1枚だけ、喜べない年賀状があったことも・・・


 その昔、20歳の頃、東京のライブハウスで歌っていた仲間からの年賀状です。
 でも、今年に限って、本人からではなく、彼の奥さんからでした。

 通称、ケンちゃん。
 僕と同じ年で、鳥取県の出身です。

 僕らは、のちに彼の奥さんとなる女性を通して知り合いました。
 「私の彼も、ミュージシャンなの。ジュンちゃんも今度、ライブを見に来てよ」
 と、群馬出身の彼女に誘われたのが、ケンちゃんとの出会いでした。
 ※(ケンちゃんとの詳しい話は、当ブログの2011年3月13日「ケンちゃんからの電話」を参照)


 今年の年賀状には、彼が現在、病気と闘っていることが書かれていました。
 すぐに電話をしようとも思ったのですが、正月は避けることにしました。
 そして今日、どうしても彼の症状が知りたくて、埼玉県の自宅に電話を入れてみました。

 「えっ、ジュンちゃん! うわ~、お久しぶり」
 電話に出たのは、奥さんでした。
 奥さんの話しによれば、ケンちゃんは昨年の1月に、仕事場で脳出血を起こして倒れたといいます。

 彼の仕事は、ドラマやCMに曲を付ける選曲家です。
 東京の事務所で、夜中、1人で仕事をしている時に、倒れました。

 彼が救急車で運ばれたのは、翌朝。
 仕事の関係者が訪ねてきて、発見したそうです。

 「すぐに手術をしたんだけど、5時間以上時間が経っていたものだから・・・」

 命は助かりましたが、体の半身と脳に、後遺症が残りました。


 「昔のことは覚えているんだけどね。今日のことは、まったく覚えられないのよ」
 とは、僕のオヤジとまったく同じであります。

 「じゃあ、僕のことは、わかるかな?」
 と恐る恐る訊ねてみると、
 「ジャンちゃんのことは、きっと覚えていると思うよ。ちょっと、待ってて、今、主人に換わるから」
 そう言うと、受話器を持って、室内を移動しているようでした。

 <あなた、ジュンちゃんよ、ジュンちゃん>
 奥さんの彼に伝える声がして、

 しばらくすると、

 「も、し、も、し、、、」
 か細い声が、受話器の奥から聞こえてきました。

 「ケンちゃんかい?」
 「あ、あ、、、」
 「ジュンだよ、小暮 淳だよ」
 「あ、あ、、、ジュン、ちゃん、か、、」

 もう、ダメです。
 そこまで話しただけで、僕の涙腺は壊れてしまいました。

 何を話そう、何を聞こう、何て言えばいいんだ・・・

 だって、声は確かにケンちゃんだけど、僕の知っているケンちゃんじゃないんだもの。
 とっても話すのが、つらそうだ。
 何より、本当に僕のことが分かっているのだろうか?

 「心配したけど、元気そうで、安心したよ」
 と、言えば、
 「元、気、じゃ、ない、よ、、」
 とだけ、返事が返ってきた。

 そのあとは、もう、何を話したのかは覚えていません。
 気が付いたら、受話器の中は奥さんの声に換わっていました。

 「ジュンちゃん、ありがとうね。分かったみたいで、本人もうれしそうな顔をしています」
 そう言った奥さんの声は、すでに泣き声でした。

 「そう、僕のこと、分かったんだね。良かった」
 「うん。でも、今ジュンちゃんと話したことは、すぐ忘れちゃうけどね」


 まるで、オヤジと話しているようでした。
 でも、オヤジとは違うんです。
 オヤジと話していても悲しくないのに、ケンちゃんと話していると涙があふれてくるんです。

 なんだか、とっても悔しい気持ちになるんです。


 ケンちゃん、リハビリ、頑張れよ!
 暖かくなったら、会いに行くからな!

 いつか、また、一緒のステージに立とうぜ!
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ケンちゃんの記憶
    コメント(0)