温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月25日

下仁田温泉 「清流荘」④


 「う~ん、うまい!」
 口に料理を運ぶたびに、声に出していました。

 下仁田ネギのぬた和え
 ヤマメの塩焼き
 コイのあらい
 猪肉のボタン鍋
 こんにゃくの刺身
 小松菜のゴマ和え
 鹿肉のステーキ

 どれをとっても、飽きのない素朴な味わいです。
 「地産地消なんて言葉がない頃から、うちは敷地内 “地産地食”だよ」
 と先代の清水幸雄さんが、以前、畑仕事をしながら話してくれたことを思い出します。

 名ばかりの 「地産地消」 が多い温泉旅館の料理ですが、ここは正真正銘の地産地食の宿。
 随時20種類の野菜が無農薬栽培されているだけではなく、約7,000坪の敷地内には、シカ園もイノシシ牧場もヤマメ池もある、まさに自給自足の温泉宿なのであります。


 一昨日、僕は、久しぶりに下仁田温泉の一軒宿 「清流荘」 を訪ね、2代目主人の清水雅人さんと酒を酌み交わして来ました。

 雅人さんと僕は同世代。
 話が合う事もあり、初めて会った十数年前から、たびたび取材で泊めていただいています。

 「このヤマメの塩焼きは、炭も自家製なんですよ」
 とは、驚きました。
 敷地内に炭焼き小屋があり、焼いているのだという。

 これだけ通っていても、新しい発見があるものです。


 「ずーっとビールでいいんですか? 熱燗をお持ちしましょうか?」
 なんて言われれば、断れないのが呑兵衛の性です。

 お猪口を交えて、注しつ注されつ、温泉談義に花が咲きます。
 「清流荘」 は、ご存知、日本秘湯を守る会の会員宿です。
 年々、廃業で会員数が減少している現在の状況など、秘湯が抱える問題について、熱く語り合いました。


 「しっかし、これは、うまいっすね!」
 ふたたび、僕は声を上げました。

 下仁田ネギの天ぷら、です。

 と、いっても、かき揚げじゃありませんよ。
 かき揚げのネギは、長ネギが輪切りにされていますよね。
 でも、これは違います。
 太い下仁田ネギが、ザク切りされていて、口の中で、トロ~リ溶け出すんです。
 もーっ、たまりません!

 さすが、地産地食の賜物です。
 だって、清水さん自身が、下仁田ネギの生産農家なのですから。


 以前、僕は新聞のコラムで、清流荘の料理について書いたことがありました。

 < 「ごちそう」 という言葉は、大切な人のために走り回って、おいしい物を探すことから 「ご馳走」 の字が当てられたと聞いたことがあります。海に行ったら海の物を、山へ行ったら山の物を。奇をてらうことなく、土地のものを 「ご馳走」 することが、本来のもてなしの姿だと教えられました。> 
 (2013年9月18日付、朝日新聞群馬版 「小暮淳の温泉考座」 より)

 あらためて、また、そのことの大切さを教えられた晩でした。
 ご主人、ありがとうございました。
 そして、大変 “ご馳走さま” でした。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下仁田温泉 「清流荘」④
    コメント(0)