温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年01月26日

向屋温泉 「ヴィラせせらぎ」②


 群馬県の最南端、上野村には4つの温泉があります。
 浜平温泉、塩ノ沢温泉、野栗沢(のぐりざわ)温泉と向屋(こうや)温泉です。

 歴史が最も古い湯は浜平温泉ですが、現在、宿はなく、「しおじの湯」 という村営の日帰り温泉施設になっています。
 あとの3つは、すべて一軒宿です。


 今回、1年半ぶりに向屋温泉 「ヴィラせせらぎ」 を訪ねてきました。
 開湯は平成8年。上野村で一番新しい温泉宿です。

 前回訪れたのは、僕が講師を務める野外温泉講座で、約20人の受講生らと一緒でした。
 あの時は、料理の評判が大変良かったことを思い出します。

 「その節は、大変お世話になりました」
 と、出迎えてくれた支配人の相馬茂明さん。
 僕のことを覚えていてくれたようです。

 彼の話によれば、料理の評判を聞きつけて、やって来る宿泊客が増えたといいます。
 それもそのはずで、シェフはイタリアの日本領事館に勤務していた経験の持ち主。
 イノブタや野菜などの地元食材を取り入れた和洋折衷の創作料理が、人気の秘密のようです。


 で、今回、驚いたことがありました。
 またしても、泉質の変化です!
 またしてもというのは、昨年訪れた塩ノ沢温泉も、泉質が変っていたからです。

 どちらも以前は、塩化物泉でした。

 それが、どちらも塩分濃度が減少したため、「温泉法第二条の別表に規定されたメタほう酸やフッ化物イオンの項で温泉に適合」 という判定になっていました。
 現在は10年に1度、温泉分析書の更新が義務付けられているので、今後も泉質名が変わる温泉が増えるかもしれませんね。

 それにしても不思議なのは、向屋温泉と塩ノ沢温泉という近い2つの温泉から、ともに塩分が抜けてしまったことです。
 源泉の涸渇年齢を迎えてしまったのでしょうか?
 それとも地下で湯脈に変化が起きたのでしょうか?
 良からぬ兆候でないと、いいのですが・・・


 でも、相変わらずpH値は、9・7という強アルカリ性。
 トロリとした浴感は、健在でした。

 何よりここは、神流(かんな)川の河川敷に突き出した露天風呂からの絶景が自慢の宿です。
 三方を川にはさまれた露天風呂というのも、珍しい。
 充分、ロケーションを楽しみながら、湯を堪能して来ました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
向屋温泉 「ヴィラせせらぎ」②
    コメント(0)