温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年02月11日

なぜ群馬なのか?


 「温泉ライター」 と名乗るようになったのは、5年くらい前からだと思います。
 と、いうのも、自分から名乗り出したわけではないので、記憶はあいまいなんです。

 2009年9月の 『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) が出版された以降からだと思います。
 それ以前も雑誌等に、温泉のルポは書いていましたが、肩書きは 「フリーライター」 でした。
 たぶん、著書の発売とともに、新聞や雑誌での紹介記事、テレビ、ラジオなどの出演の際に、便宜上、読者や視聴者に分かりやすくするために、「温泉ライター」 と称されるようになったのだと思います。

 最初は、他の取材記事も書いていたので、多少抵抗はありましたが、今は、僕の代名詞のように使われているので、かえって重宝しています。

 現在、僕は朝日新聞に 『小暮淳の温泉考座』 というコラムを連載しています。
 これなどは、タイトルに筆者名が入っていますが、それでも僕のことを知らない人は、たくさんいます。
 「えっ、小暮淳って、誰だい?」
 という人のために、必ず文末には(温泉ライター) と肩書きを記しています。

 他の新聞や雑誌に寄稿する場合も同様で、名前入りの冠記事でも、プロフィールを入れてもらったり、同様に文末か冒頭に 「温泉ライター」 の肩書きを掲載していただいています。
 やはり、読者のためには、筆者の身分を明かすことは必要不可欠だとも思いますから。

 時々、新聞や雑誌で記名なのに、プロフィールや肩書きがない記事を見かけますが、いったい “どこ” の “だれ” が書いているのか分かりません。
 なかには、無記名なのに一人称の文体で書かれている記事もあったりして・・・
 これでは記事に文責もないし、読者は幽霊文を読まされているようで、不安になってしまいます。

 と、いうことで、僕は、どんな人が文章を書いているのか、分かりやすくするために 「温泉ライター」 と名乗るようになりました。


 「小暮さんは、群馬しか書かないのですか?」
 と、最近、訊かれることが多くなりました。
 また、講演会の様子などが新聞記事で紹介される場合、「群馬の温泉ライター」 と形容されることもしばしばあります。

 でも別に、限っているわけではありません。
 近年は、温泉講座でも県外の温泉地へ出かけていますし、他県で講演会を開くこともあります。

 ただ、1つだけ言えることは、群馬県内だけでも約100ヶ所もの温泉地があり、600軒以上の温泉宿があるんですよ。
 まず、これらを網羅してからでないと、他県の取材には移れないというのが本音です。

 よく、温泉ライターを名乗っている人の中には、「全国3,000ヶ所以上の温泉地をめぐり」 なんていうプロフィールを見かけますが、本当でしょうか?
 僕が現在、年間80~100ヶ所のペースで温泉をめぐっていますから、単純に計算しても30年以上かかることになります。
 で、その人たちは僕より若かったりするのですから、もう、超人としか思えません。

 まして、じっくり取材して、年1冊のペースで本を執筆しようとすれば、僕には到底、不可能な数字であります。
 だから僕は、とりあえず、自分の暮らしている群馬県の全温泉地の全温泉宿の “湯破” を目指して、コツコツと取材活動を続けているのです。
  

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)
 3つのキーワード (2017-12-11 14:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なぜ群馬なのか?
    コメント(0)