温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年02月18日

種付け旦那


 おかげさまで我が家は、3人の子宝に恵まれました。
 別に、僕が人並み以上の絶倫男ということではありませんよ。
 すべては、神様から授かった宝物であります。

 以前、不妊治療に悩んでいる女性と話したことがありました。
 彼女いわく、
 「世の中は不公平ですよね。子どもが授かった人には児童手当が支給されて、不妊治療には保険が利かないなんて!」
 ごもっともであります。
 少子化に歯止めをかけるには、ぜひとも改正していただきたい法律だと思います。


 その昔、不妊に悩む夫婦たちは、「子宝の湯」 と呼ばれる温泉へ通いました。
 その名のとおり、子どもが授かる温泉のことです。
 群馬県内では、古くから伊香保温泉が、そう呼ばれていました。

 でもね、県内をくまなくめぐってみると、意外と多いんですよ。
 「子どもが授かった」 という話が!

 嬬恋村の某温泉旅館の女将によれば、
 「長年、子どものいない夫婦が住み込みで働きに来たところ、すぐに子どもが授かった」
 とのこと。
 それ以来、「子宝の湯」 と呼ばれるようになったといいます。

 「子宝の湯」 と呼ばれる温泉の泉質は、様々です。
 塩化物泉だったり、炭酸水素塩泉だったり、硫酸塩泉だったり。
 でも、共通しているのは “塩分” を含んでいること。
 よく温まり、殺菌力があるからかもしれませんね。


 ところが最近読んだ本の中で、思わぬ 「子宝の湯」 の正体を知ってしまいました。
 温泉評論家の石川理夫さんと中央温泉研究所所長の甘露寺泰雄さんと北海道大学名誉教授の阿岸祐幸さんの鼎談本 『温泉 とっておきの話』(海鳴社) です。
 この中で、「子宝の湯」 について、こんな驚くべき発言をしています。

 <(温泉地には、妊娠させるための) “種付け旦那(だんな)” がいるんですよ。“種付け馬” です。>

 「嫁して3年、子無きは去れ」 と言われた時代のこと。
 世継ぎをもうけるために、亭主も承知のもと、温泉地へ出かけて行ったといいます。

 現在では、DNA鑑定ですぐにバレてしまいますが、昔ならあってもおかしくない話しであります。


 でもね、実際、温泉には妊娠しやすくなる効能はあるんですよ。
 温泉成分の中には、女性ホルモンに似た物質もあります。
 入浴することにより、骨盤の血行が良くなり、リラックス効果や転地効果も望めます。

 さらに、本の中では、こんなことも語られています。
 <日常生活から離れた温泉地で夫婦2人きりになり、舅(しゅうと)、姑(しゅうとめ) の目から離れる、家事から解放されるなど、精神的な要素が強かったのでは> と・・・。

 不妊治療で悩んでいるご夫婦は、温泉療法も取り入れてみては、いかがでしょうか?
 僕ですか?
 僕は、もうそろそろ、打ち止めであります。

 純粋に温泉を楽しむことにします。
 あしからず!
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
種付け旦那
    コメント(0)