温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年02月19日

本当の豊かさとは?


 <変化したお客>
 <本当に豊かなのはどっち?>

 これは、今日の朝日新聞群馬版に掲載されたコラム 『小暮淳の温泉考座』 の見出しです。
 シリーズ39回目の今回は、温泉地の今昔と、その変遷(へんせん) について、書かせていただきました。


 その昔、「温泉へ行く」 といえば、湯治のことでした。
 人々は食料を持ち込み、自炊しながら長期滞在をして、持病や疲弊した体を癒やしました。
 ですから、「湯」 と 「床」 を提供してくれる宿に対しては、当然、感謝の気持ちがありました。

 「泊めていただき、ありがとうございます」
 と、客から声をかけられたといいます。

 ところが現代は、どうでしょう?
 1泊2日が当たり前となり、温泉宿は、豪華な料理を食べて過剰なサービスを受ける、ストレス発散の場となっています。
 いつしか、湯治場が観光地になってしまいました。
 お金を払う側の客が、非日常の優越感を求めるあまり、「泊まってやる」 という横柄な態度になってしまったといえます。

 さらに、ストレス社会が生み出した “負” の産物、「クレーマー」 の存在は、秘湯の宿にも現れ出しました。
 「露天風呂がない」「貸切風呂がない」、アレがない、アレもない、と、昔の湯治場では考えられない不平不満を平然と押し付けてきます。
 なかには、「川の音がうるさくて眠れないから、どうにかしろ!」 というヤカラもいるそうです。

 いったい、この人は、山奥の温泉宿に、何を求めに来たんでしょうか?

 「最近は、虫を嫌がるお客様が多いんですよ。でも、これだけはね。ここは山の中なんですから」
 と、ご主人や女将さんから、散々グチをこぼされました。

 いやはや、なんとも、返答に困ってしまいます。


 質素な料理でも、のんびりと湯を浴みながら滞在していた昔と、豪華な料理を腹いっぱい食べて1泊だけで帰ってしまう現代と、はたしてどちらが豊かな時代なんでしょうかね?
 そんな疑問を今回のコラムでは、読者に投げかけてみました。

 次回の掲載は、来週の水曜日(26日) です。
 リウマチを治した不思議な温泉の話を紹介いたします。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 急げ! 中高年 (2018-08-31 12:33)
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 あわてん坊な読者 (2018-07-10 11:43)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)

この記事へのコメント
ご無沙汰していますが~お元気ですか~

小暮さんの気持ち、わかるな~
Posted by らかん亭らかん亭 at 2014年02月19日 23:10
らかん亭さんへ

こちらこそ、ご無沙汰して申し訳ありません。
なかなか安中まで行く機会がなくて・・・

昔は良かった、あの頃は良かった、という懐古趣味ではなく、湯や人や自然に感謝の気持ちをもてる人間でありたいものです。
物の豊かさと、心の豊かさが反比例しないように。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年02月20日 11:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本当の豊かさとは?
    コメント(2)