温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年02月22日

ややこしい温泉


 「温泉」 と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?

 「温泉に入る」 と言えば、当然、温泉(水) のことですよね。
 でも、「温泉へ行く」 と言うと、温泉(地) や温泉(施設) のことになります。
 日本語の 「温泉」 には、どちらの意味もあるんです。

 関西へ行くと、銭湯のことを 「温泉」 と呼んだりもしますから、ややこしい!


 温泉法では、「地中から湧出する温水、鉱水および水蒸気、その他のガス(炭酸水素を主成分とする天然ガスを除く)」 で、25℃以上のもの。
 または、25℃未満でも定められた物質が規定以上含まれているものも 「温泉」 と認められています。
 ですから、「冷たい温泉」 も存在するわけです。
 ややこしいですね。

 さらに温泉法には、“温度による分類” というものがあります。
 これによると、25℃未満を 「冷鉱泉」、25℃以上34℃未満を 「低温泉」、34℃以上42℃未満を 「温泉」、42℃以上を 「高温泉」 と呼びます。

 ますます、ややこしくなってきます。
 ですから温泉法の 「温泉」 とは、広義では冷たくても温かくても 「温泉」 ですが、狭義では34℃以上42未満の “ぬるい湯” のことを 指すことになります。
 やっぱり、ややこしいですね。


 僕は、講演やセミナーなどで、よく 「温泉はすべて温かいと思う人?」 と質問します。
 みなさん、広義の知識がありますから、「冷たくても温泉である」 に手を上げる人が多いんですが、実は、どちらも正解ということになります。

 まったく、ややこしい話です。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)
 温泉が足りないんじゃないの? (2017-11-15 13:14)
 温泉で美しくなれ! (2017-11-10 12:51)
 好評につき 第2弾発売! (2017-11-02 12:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ややこしい温泉
    コメント(0)