温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年03月10日

法師温泉 「長寿館」⑤


 「確かに今年は、例年に比べると雪が多いですね」
 と、囲炉裏の前で、茶を振る舞ってくれた専務の岡村健さん。
 彼と会うのは、今回が2度目です。

 初対面は前著の出版セレモニーの席でしたから、こうやってじっくりと話をうかがうのは今回が初めてです。


 法師温泉 「長寿館」 (みなかみ町)。
 秘湯ブームの火付け役とも言える人気の一軒宿です。
 彼の祖父、岡村隆造さんは 「日本秘湯を守る会」 の初代会長でした。

 宿の創業は明治8年(1875)。 
 苔むす杉皮ぶきの屋根、かつての旅籠の面影と情緒を残す本館は、創業当時のまま。
 いつ訪ねても、ここだけは時が止まっているようです。

 玄関の引き戸を開けて土間に入ると、大きな吹き抜けの部屋つづきに炉が切ってあり、薪がパチパチとはぜ、鉄瓶がシュンシュンと音を立てています。
 10数年前に訪ねた時も、この部屋に通され、6代目主人の興太郎さんから茶をいただきました。


 「そうすると、健さんは7代目ということになりますね」
 「ええ、そうなる予定ですが、今はまだ7代目修業中です」

 僕は、カバンの中から1冊の本を取り出しました。
 『温泉批評』(双葉社、2013年10月17日)

 「これ、読ませていただきました」
 「ああ、それですね。やっばり、混浴についてのコメントは難しいですね。今回、つくづく思いました」

 本の中で、岡村専務は4ページにわたりインタビューを受けています。
 特集のタイトルは、「混浴を守る宿の矜持」。
 インタビューに対して彼は、混浴の宿を継ぐ7代目としての確固とした信念を述べています。

 <120年このスタイルを続けていても、芯がぶれてしまったら、たった一代で法師のありようが変わってしまうこともあります。>
 <山のいで湯のスタイルをなんとか残していきたい。先代から受け継いできたものを、そのまま残していきたいと思っているだけです。>

 “混浴” とは、ただ単に、男女が一緒に湯舟に入ることではなく、“混浴” という文化であること。
 時代にそぐうか、そぐわないか、ではなく、文化とは守り継ぐものである。

 「だから私は、先祖から引き継いだものを、ただ粛々(しゅくしゅく) と次の息子の代に手渡すだけです」
 そう言って、鉄瓶から柄杓で湯をすくうと、2杯目の茶を入れてくれました。


 「粛々と」 って、いいですね。
 温泉って、伝統を重んじる日本の文化なんです。

 そういえば法師温泉の湯も、何百年と生真面目に粛々と湧いています。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)
 老神温泉 「伍楼閣」② (2018-06-02 17:57)
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)

この記事へのコメント
最近、混浴をテーマにした小説を考えています。ゲイの男と彼に想いを寄せる女が全国温泉巡りをするというストーリーです。混浴についてもっと教えて下さい!
Posted by マサガタ at 2014年03月11日 12:29
マサガタさんへ

ブログにも書いた 『温泉批評』(双葉社) は、かなりページをさいて混浴の特集をしています。
また混浴ライターの山崎まゆみさんは、混浴をテーマにした著書を多数出版しています。
でも何よりも、百聞は一見にしかず!
絶滅危惧温泉である混浴を、実際にめぐるのが一番いいと思いますよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年03月11日 20:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
法師温泉 「長寿館」⑤
    コメント(2)