温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年03月21日

先祖参り


 今日は、春分の日。 「彼岸の中日」 です。
 お墓参りは、済みましたか?

 僕は今日、年老いた両親を連れて、2つの墓参りに行ってきました。


 若いときは、先祖のことなんて、気にしたことも、考えたこともありませんでした。
 親や兄弟、伯父と伯母、いとこ、祖父母くらいまでは、なんとか親戚のくくりとして身近に感じてはいましたが、さらにさかのぼった “先祖” となると、名前すら知らなかったりします。

 でも、温泉ライターの仕事をするようになってから、妙に自分の先祖が気になるようになったんです。
 家系図なんかを調べるようにもなりました。
 なんででしょうか?

 たぶん、温泉取材に行くと 「私で9代目です」 とか 「16代目になります」 なんて、老舗旅館の主人たちから話を聞くうちに、自分も自分のルーツを知りたくなったのかも知れませんね。


 午前中は、前橋市内にある母方の墓を参りました。
 母は2人姉弟ですが、祖父は僕が生まれる前に、祖母は僕が20歳の時に亡くなっています。
 叔父夫婦も、この数年で、相次いで他界しました。

 「おとうさん、おかあさん、○○男、××子さん、会いに来ましたよ」
 そう言ってオフクロは、僕の手を借りながら線香を墓前に手向けていました。

 すでに、いとこたちが来たんでしょうね。
 真新しい花が、供えられていました。

 「本家の墓も、お参りしたいよ。連れてっておくれ」
 と、同じ墓地内の別の墓へ移動。
 本家とは、オフクロの父親の実家です。
 いうなれば、僕の曽祖父母たちが眠っている墓です。

 子どもの頃に墓参りをした記憶はありますが、今日、初めて曽祖父母の名前を知りました。
 「私はさ、おばあちゃん子でね。すっごく可愛がってくれたんだよ」
 なんて話すオフクロが、なんだか不思議でなりません。

 だって、もう、ひ孫がいる87歳になる老婆が、「私はおばあちゃん子だった」 なんて・・・
 でも、その違和感は、オヤジにも感じました。


 午後は、旧大胡町(前橋市) の小暮の本家の墓へ。
 こちらは、敷地内に代々の墓石がいくつも並ぶ、立派な墓地です。

 「喜平? この人がオレのひいじいさんかい?」
 墓石に刻まれた名前を見て、僕。
 「ああ、そうだ」 とオヤジ。
 「でもさ、没年は大正13年の5月だよ。じいさん、まだ生まれてないじゃん?」
 と問えば、
 「ああ、オレは、このじいさんの生まれ変わりって言われたんだ」
 確かに、オヤジが生まれたのは、その年の9月です。

 生まれ変わりって言われたくらいだから、よっぽど顔や性格が似ていたんでしょうね。
 でも一族って、実は、みんな似ているんですよね。
 墓参りの帰りに本家に寄って、ずらりと並んだ先祖の肖像画や遺影を見て、つくづく思いました。
 オヤジは祖父にそっくりだし、祖父は曽祖父にそっくりだもの!


 不思議なものですね。
 一族って・・・

 とりあえず僕は現在、2代先の孫までバトンをつなげたけれど、どこまで見届けることができるのでしょうか。
 長生きする価値は、ありそうです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
仕事で墓参りは行けずに終わりました。
湯治目的の宿で 夜入浴していると ご先祖様との距離が
近くなるような 気分になります。

ご先祖様の見ていた風景を想像したり
どんな 矛盾を背負い生きていたのだろうかと?

自分も変わり果てた 群馬をサーベイメーターを持ち測定に出掛ける
日が多くなるでしょう。
目を反らさず 矛盾と向き合うのが 今生きてる人の役割だと 私は思います。
Posted by momotaka at 2014年03月21日 22:35
歳を重ねると、先祖との距離がちかくなる気がしませんか?

不思議な感覚ですが、いつか、あちら側へ行く日が近くなるというか…

姑の実家の墓は県外とのことで行きません。
近場のヒトとくっついたので、墓参りに行かしてもらら得て自分は幸せなんだなとかんじました。
Posted by ぴー at 2014年03月22日 10:08
momotakaさんへ

僕の場合、父方の祖母と母方の祖母が、ともに赤城温泉(旧湯之沢温泉) の出なので、あの茶褐色の湯が、まさに先祖代々が浴してきたルーツの湯なのです。
確かに、湯の中にいると、ご先祖様との距離の近さを感じますね。
何百年と湧き続けている温泉には、歴史と文化があっていいですね。


ぴーさんへ

ご先祖様の近くにいると、守られていると感じることがありますね。
感謝の気持ちを込めて、墓参りをしてきました。
これからは、もっとご先祖様を大切にして生きていこうと思います。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年03月22日 21:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
先祖参り
    コメント(3)