温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年03月25日

温泉は生きている


 明治25年(1892) に発刊された群馬県の温泉分析書 『上野鉱泉誌』。
 この中には、県内の74ヶ所の温泉地が記載されています。

 ところが、うち現在でも残っている温泉は、わずか30ヶ所!
 この120年の間に、40ヶ所以上もの温泉地が、県内から消えたことになります。

 当時は、まだ機械による大規模な掘削技術のなかった時代です。
 消えた温泉は、すべて自然湧出だったといえます。


 時はめぐり、平成21年に僕は、『ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) という一軒宿の温泉ばかりを集めた本を出版しました。
 一軒宿の温泉は、たった1軒だけで源泉と温泉地の看板を守っています。
 ですから、そのたった1軒しかない宿が廃業してしまうと、宿がなくなるだけではなく、温泉地自体が地図からも消えてなくなってしまいます。


 あれから5年・・・
 前著では50軒の一軒宿を掲載しましたが、残念なことに、すでに4軒の宿が廃業してしまっています。
 また、この5年の間に市町村合併があり、住所表記が変更になった温泉宿もあります。

 「ならば、再度、調査してみよう!」 と、1年間かけて、群馬県内の一軒宿の実態を調べ、すべての宿を取材してきました。
 消えていった温泉もあれば、後継者が現れて復活した温泉もあります。
 と思えば、個人や会員が所有していた温泉を、一般に開放したホテルもあります。

 つくづく、温泉は生きているのだと思います。


 結果、前著よりも4軒減り、新たに8軒の宿が追加され、実質4軒増の54軒の 「源泉一軒宿」 を取材することができました。

 「源泉一軒宿」 は、群馬の宝だと思います。
 ぜひ、みなさん、10年後、100年後の未来に1軒でも多くの 「源泉一軒宿」 を残すために、ご協力をお願いします。

 “泊まって残そう! 群馬の源泉一軒宿”
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
他県から群馬に移住してきた人からこんなことを言われました。

『群馬県の人は温泉を知らなすぎるし、語らない』と

『こんなに温泉があるのに…』と、残念そうに

大変反省するとともに
自分のしなければならないことがみえてきました。
うまく動けるかはともかく、気持ちだけは

そして、その方へ群馬の温泉をご案内させていただきました。
Posted by ぴー at 2014年03月26日 11:55
ぴーさんへ

灯台下暗し、なんでしょうか・・・
いずれにせよ、群馬県民は自慢するのがヘタですね。
自信がないのか? 照れ屋なのか?
もっとハッキリ、「いいものは、いい!」 と声に出し言いましょう!
他県の人のほうが、群馬の温泉の素晴らしさを知っていますよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年03月26日 20:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉は生きている
    コメント(2)