温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年03月31日

湯の魅力 再発見


 <温泉で群馬の良さ再認識>

 これは昨日の新聞で見つけた、読者ページに掲載されていた記事のタイトルです。
 投稿者は、前橋市の40代女性。

 海外に暮らす友人が、久しぶりに日本に帰って来ることになり、温泉旅行を計画したときの話です。
 ところが、その友人を迎えた日が、例の大雪の日だったといいます。
 それでも、<私たちの場合、この日を逃がしたら次がありません。>
 と中止せずに根気よく探して、駅まで送迎してくれる<理想の宿泊先>を見つけました。

 そして出かけたのは、みなかみ町の湯宿温泉でした。
 <料金は手ごろなのに源泉かけ流し>
 <露天風呂は無料で貸し切り>
 だったといいます。

 湯宿温泉には6軒の宿がありますが、この条件を満たしている宿は1軒しかありません。
 「T館」 に泊まられたようです。
 僕も何度か取材でお世話になったことがありますが、女将さんも若女将さんも気さくな方で、ずいぶんと親切にしていただきました。
 投稿者も、<宿の人たちの心配りも最高でした。>と大変満足したようです。

 そして最後に、こんなふうに文章を締めくくっていました。
 <温泉もだいぶ行きつくした感はあったのですが、まだまだ身近な所に思わぬわくわくがあり、忘れかけていた群馬の良さを再認識する旅ともなりました。>


 奇しくも来月出版される僕の新刊本の帯コピーが、『湯の魅力 再発見』 なんです。
 群馬に住んでいて、群馬の温泉を知っているつもりでも、実は知らない “わくわく” が、まだまだたくさんあるっていうことです。

 だって、こんなにも群馬の温泉を取材し続けている僕でさえ、訪ねるたびに新しい発見の連続なのですから……。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯の魅力 再発見
    コメント(0)