温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月07日

妊婦の入浴


 今月3日、環境省の有識者委員会で、入浴時の注意事項を定めた温泉法の基準見直し案が了承されました。
 これにより温泉の入浴を避けるべき 「禁忌症」 から “妊娠中” の文言が削除されることになりました。


 僕は温泉宿を取材する場合、必ず 「温泉分析書」 のコピーを提出してもらいます。
 これには、温泉の保有者の氏名や源泉の湧出地、成分などが事細かに記載されています。
 前述の 「禁忌症」 は、この温泉分析書の別表に記載されています。

 <別表>5 療養泉分類の泉質に基づく禁忌症、適応症等は次のとおりです。
 (1) 浴用の禁忌症 (2) 浴用の適応症
 と、あります。

 昭和57(1982) に定められた現行基準の 「禁忌症」 には、このような症状が記載されています。
 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般的に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

 ここに挙げられている項目は “妊娠中” を除けば、一般に風呂に入る時の注意を要する病気の状態です。
 なにも温泉に限ったことではありません。
 ならば、なぜ “妊娠中” のみが病気でもないのに記載されているのでしょうか?

 実はここが、今回の見直しの争点でした
 根拠が不明との意見があり、専門家にあらためて調査を依頼したところ、「温泉浴が流産や早産を招くといった医学論文や研究はなかった」 とのことです。


 実は僕も、以前から不思議に思っていたんです。
 だって、全国には妊婦の入浴や赤ちゃんの産湯に、温泉を使用しているクリニックはありますからね。 
 我が家でも、家内が臨月の時に温泉に連れてっていますが、3人の子どもたちは、元気に自然分娩で生まれてきています。

 でも、こうやって報道されることにより、安心して妊婦さんたちが温泉に行くようになってくれれば、温泉地にとっても朗報といえます。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妊婦の入浴
    コメント(0)