温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月08日

死にたくなったら温泉に入ろう!③


 昨日、温泉の 「禁忌症」 から “妊娠中” の文言が削除されることを書きましたが、温泉ファンへの朗報はまだあります。
 今回、環境省が行った温泉法の見直し案では、「適応症」 への新たな効用が追加されることになりました。

 「適応症」 とは、一般には “効能” といわれている症状のことです。
 泉質により多少異なりますが、神経痛や筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性などの慢性病の類いが列記されています。
 「禁忌症」同様、温泉の成分による効用というよりは、お湯に入り体が温められることによる “温浴効果” がほとんどです。
 でも泉質や含有成分によっては、切り傷、やけど、皮膚病などの効用も挙げられています。

 で、今回、新たに追加された症状というのが!
 ストレスの多い現代社会の実情を反映させてか、「睡眠障害」「うつ症状」「自律神経不安定症」 が記載されることになりました。

 やっぱりね、っていう感じです。
 僕は、前々から 「死にたくなったら温泉へ行け!」 「現代人にとって温泉は心の湯治場だ!」 って言い続けてきましたもの。

 以前、このブログにも書きましたが、これからの企業は福利厚生の一環として “温泉休暇” を社員に与えるべきなんです。 
 だって、今の日本のサラリーマンは、「睡眠障害」 や 「自律神経不安定症」 の人たちばっかりですよ。
 「うつ症状」 だって、予備軍を入れたら相当数がいるはずです。


 実は、昭和57(1982)年に定められた温泉法の現行基準では 「適応症」 から外されていますが、その昔は、ちゃ~んと温泉の効能に 「不眠症」 や 「ヒステリー」 「うつ病」 という症状が記載されていましたからね。
 さらに古い効能書きになると、「つきもの」 なんていう表現まであります。
 ※(詳しくは当ブログの2012年5月3日「死にたくなったら温泉に入ろう!」、2014年1月30日「死にたくなったら温泉に入ろう!②」 参照)

 ま、湯治本来の効用が見直されたということで、これは温泉ファンにとっては大変喜ばしい朗報であります。
 今年の夏までには各都道府県 に通知され、温泉施設の脱衣所などの掲示が修正されるようです。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)

この記事へのコメント
妊婦さんが公的に解禁ということは

妊婦さんの入浴事故も増えるという影の部分も含みますよね!

妊婦さん教育も必要です。
Posted by ぴー at 2014年04月10日 11:17
ぴーさんへ

と、いうことですね。
転倒や長湯による脱水症状など、一般の人よりも注意が必要です。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年04月10日 15:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
死にたくなったら温泉に入ろう!③
    コメント(2)