温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月13日

はみだす個性


 昨年、大ヒットしたテレビドラマ 『半沢直樹』 で、主人公の同期、近藤役を演じた俳優の滝藤賢一さん。
 不器用ながらも職務に誠実に向き合う銀行マンの姿に、思わず目頭を熱くしたものです。
 “顔芸” ともいえる名演技に、魅了されました。

 彼は、とても下積み時代が長かった苦労人なんですね。
 あの “俳優養成所の東大” とも称される名優、仲代達矢主宰の「無名塾」 出身で、とことん役者道を叩き込まれたそうです。

 先日、新聞のインタビュー記事で、当時の下積み時代のことを、このように話していました。
 「ガッツリ型にはめてみて、それでもはみ出すものが “個性” だと教えられた」

 彼は現在37歳。
 すでに20代にして、その真実を仲代達矢氏から叩き込まれていたのですね。
 そして見事、その意味を知ることのできる俳優になりました。


 大したものです。
 だって、僕なんて若い頃から長年 “個性” の意味を履き違えて生きてきましたからね。
 人と違うことをすることが、個性。
 変わった行動をとることが、個性。
 突拍子もない、破天荒な生き方をすることが、個性。

 でも、いつ頃からでしょうか。
 「あれ、これって違うぞ!」 って、気づき出したんですよ。
 40歳を過ぎたあたりからだと思います。

 コツコツと地道に生きている人に魅力を感じたり、一見ふつうに生きているんだけど実はすごい能力の持ち主だったり、“目には見えない”オリジナリティーを発見するようになりました。
 実は、この変化には、きっかけがあります。

 「『型破り』 という言葉は、武道や芸事の世界から出てきた言葉で、基本がしっかり身に付いた人にしかできない事なんです」
 とテレビのトーク番組で、ある役者が言ったんです。
 目からウロコであります。

 “型” となる基本をマスターできて、初めて型を破ることができるということです。
 滝藤さんが言った、まさに 「型にはめてみて、それでもはみ出すもの」 です。


 あらためて、しかもこの歳になって、また教えられました。
 でも “型” って、並大抵の努力じゃ破れませんよね!

 精進、精進。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 不便と不自由の選択 (2018-12-10 12:08)
 ガンバレ! 人生百年 (2018-11-26 13:34)
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
はみだす個性
    コメント(0)