温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月18日

月夜野温泉 「みねの湯 つきよの館」⑫


 湯の舟に乗って、天空から花見をしてきました。


 シリーズ6作目の温泉本 『新 ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) が完成して、まだ3日。
 発行日は4月26日ですから、書店で販売されるのは、来週末あたりからでしょうか。
 読者のみなさま、もうしばらくお待ちください。

 と、いうことで今週は、取材等でお世話なった関係機関や団体、掲載旅館などにお礼方々、本を届けています。
 といっても、すべてを回れるわけではありません。
 ほとんどは郵送にて失礼していますが、それでも何軒かは、著者自らあいさつに伺います。


 で、昨晩は、月夜野温泉(みなかみ町) の一軒宿、「みねの湯 つきよの館」 のご厚意により泊めていただきました。

 まあ、今さら月夜野温泉の魅力をここで書くこともないと思いますが、昔も今も、何度訪れても、その魅力は薄れることも、かすれることもありません。
 ただただ、絶景!に息をのむのであります。

 8年前、初めて取材に訪れたとき、僕は某雑誌に、こう記しています。
 <夕焼けの赤が、湯舟の向こうで燃えている。見る見るうちに帳(とばり) がおりて、天空の主役は月にかわった。まるで湯の中から、全天周映画の投影を観ているよう。>

 その後、別の雑誌には、こんなふうにも表現しています。
 <眼下には青々とした棚田が広がり、こんもりと生い繁る鎮守の杜が、なんとも懐かしい気持ちにしてくれる。僕は勝手に、ここからの景色を 「トトロの森」 と名付けている。今にも、ネコバスが駆け抜けて行きそうではないか……。>

 また昨年出版した著書の中では、
 <まるで湯の舟に乗って、遠く南の国へまで飛んで行けそうな気分になった。>
 とまで書いています。

 ま、それほどに春夏秋冬、どの季節に訪れても、天空遊覧を楽しめる絶景風呂なんであります。


 で、昨日は天空から花見をしてきました。
 月夜野盆地の桜は、ちょうど今が満開!
 三峰山の中腹にある旅館の湯舟からは、ピンクのじゅうたんを敷きつめたような桜並木や神社の一本桜が、眼下に一望することができました。

 「いゃ~、きれいですね。見上げる桜もいいけど、見下ろす桜は、これまた美しい!」
 と湯上がりに、女将が注いでくれた生ビールを飲みながら、僕は感嘆の声を上げていました。
 「あら、こんだけ来てくださっていて、桜は初めてでしたか?」
 と女将に言われて、ハッと気づきました。
 春に来たことはあっても、桜の満開に出合うことはなかったようです。

 秘湯とは、訪ねるたびに、新たな発見と感動があるものなのですね。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
月夜野温泉 「みねの湯 つきよの館」⑫
    コメント(0)