温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月22日

老神温泉 「吟松亭 あわしま」


 今年も開講しました!
 NHK文化センター前橋教室の温泉講座 「名湯・秘湯めぐり」。
 僕が講師を務めて、6年目を迎えました。

 今年の講座は、昨年度までと、ちょっと違います。
 1. バスが、小型から中型にグレードアップしました。
 2. 偶数月は群馬県内の秘湯、奇数月は県外の名湯をめぐります。
 3. 昨年度までは年9回講座でしたが、今年度は12回開講します。

 と、いうことで今日、ワクワクしながら今年度の第1回講座に行って来ました。


 バスは、高崎駅と前橋駅から発車します。
 向かう温泉の方角によって先発は変わりますが、今回は沼田市の老神(おいがみ)温泉なので、高崎駅→前橋駅の順に回りました。
 僕は、前橋駅から乗り込みます。

 「えー、今年から新しく受講される5名の方を紹介します」
 と、担当添乗員Oさんのあいさつと、新入生の自己紹介から始まりました。
 その後、講師のあいさつと、ちょっとばかし温泉講話をしながら、バスは関越自動車道を北上。
 沼田ICで降りて、沼田公園で花見。
 樹齢400年という 「御殿桜」 は完全に花が散ってしまっていましたが、ソメイヨシノはまだまだ見頃。
 満開を過ぎ、花吹雪が舞っていて、それはそれは美しいのであります。
 「満開よりもキレイですね」
 と、みなさん大喜びでした。

 バスは国道120号を片品方面へ。
 冬の難所、椎坂峠も昨年暮れにトンネルが開通したおかげで、以前よりも約15分も時間が短縮されました。
 あっという間に、老神温泉に着いてしまいました。


 今回、講座でお世話になったのは老神温泉屈指の老舗旅館 「吟松亭 あわしま」 さんであります。
 「お待ちしておりました。よろしくお願いいたします」
 と、出迎えてくださった女将の桑原律子さんは、「群馬女将の会」 の副会長でもあります。
 さすが歴史ある旅館の女将さん。
 凛としたたたずまいから、清楚な雰囲気が漂っています。
 「こちらこそ、よろしくお願いいたします。今日は講座ですが、次は取材で伺います」
 と、ちゃっかり、本業の売り込みも忘れてはいません。

 そういえば僕はまだ、老神温泉の本を書いていません。
 一度じっくり入り込んで、全宿を取材しなくてはなりませんね。


 「吟松亭 あわしま」 は、2本の源泉を管理しています。
 pH値の異なる単純温泉をブレンドした湯は、サラリとした肌にやさしい浴感。
 昔から “川場脚気(かっけ) に瘡(かさ) 老神” と言われるくらい、おできやあせもなどの皮膚病に効く温泉です。

 片品川対岸にそびえる大楊山を望む絶景の露天風呂を堪能しました。


 「カンパーイ!」
 「また1年、よろしくお願いいたします」
 「こちらこそ、よろしくお願いいたします」
 今年もさっそく、温泉講座名物 “湯上がりビール” による会食が始まりました。

 「これって、講座なんですよね?」
 と新入生。
 「はい、講座です。温泉は学ぶものではありません。楽しむものです。では、もう一度、カンパイ!」
 と僕。

 「そうこなくっちゃ! だからオレは、この講座が好きなんだよ。はい、先生、おひとつ、どーぞ!」
 と、受講生イチ飲兵衛のNさんが、冷酒グラスを僕に差し出しました。
 いや~、僕もキライじゃありませんからね。断りませんって。

 でもね、ゆる~い講座だから6年も続いているんですよ。
 受講生のみなさん、今年もまた1年間、よろしくお願いいたします。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 四万温泉 「四万たむら」③ (2018-02-16 19:27)
 薬師温泉 「旅籠」② (2018-01-24 19:03)
 鹿沢温泉 「紅葉館」⑤ (2018-01-22 19:50)
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑨ (2018-01-13 17:19)
 美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」 (2017-12-20 12:23)
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)

この記事へのコメント
昨日はお世話になりました〜
すごい楽しかったです!
今から次回が楽しみです〜
Posted by たかぎ at 2014年04月23日 20:44
たかぎさんへ

これはこれは、新受講生のたかぎさんではないですか!
さっそくメールをいただき、ありがとうございます。
たかぎさんも、お酒がいけるクチですね(安心)。

次回は、長野県のあの噂の秘湯です。
また一緒に、湯上がりのカンパイをしましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年04月24日 11:27
老神温泉・・・行ってみたかったです。残念!です。まだ、終日の外出は無理ですが、また出かけられるのをたのしみに体力回復に励んでおります。
Posted by しをちゃん at 2014年04月24日 14:52
しをちゃんへ

今回は不参加とのこと。とても残念です。
受講生一同、もちろん講師の僕も、しをちゃんの復帰を心待ちにしています。
ゆっくり療養してくださいね。
また、一緒に温泉めぐりをしましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年04月25日 11:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「吟松亭 あわしま」
    コメント(4)