温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月28日

徒然なるままに②


 今日、家の近くのコンビニに寄ったら、顔見知りの女性店長が、
 「小暮さんの奥さんが、うらやましい!」
 と声をかけてきました。
 「えっ、なんのことですか?」
 「だって、料理を作って奥さんの帰りを待っているんでしょう」

 「???・・・(なんで知っているんだ?)」

 「○○ちゃん、こうゆう男性と結婚するのよ」
 と、レジを打っていたアルバイトの女の子に声をかけました。

 なんのことを言っているのかと訊けば、ブログを読んでいるとのこと。
 ひぇ~~~!
 “壁に耳あり、障子に目あり、ブログに口あり” であります。
 どこで、誰が読んでいるか分からないものです。


 先日も某新聞社の駐車場で、昔のスタッフとバッタリ出会い、
 「編集長のブログって、面白いですね。私は、お父さんの話が大好きなんです」

 と思えば、某旅館の女将さんからは、
 「小暮さんのブログには、笑いましたよ。息子さんが似ていない話!」

 また、飲み屋では、
 「マロちゃんって、こんな色しているんですか?」
 と、茶色のジャケットを指さします。
 先日のブログに書いた、愛犬マロ君には 「マロン」 という本名があった話のことを言っているようです。
 「僕は温泉の話より、小暮さんのプライベートの話が楽しみで読んでいるんですよ」

 とは、みなさん、困ったものです。
 だって、僕は温泉ライターですから温泉のことを書きたくて4年前に、このブログを開設したんですよ。
 でもね、みなさんのおっしゃるとおり、温泉話に負けず劣らず、プライベート話が多いんですよね。

 プライベート話は、すべてカテゴリーの 「つれづれ」 に納められています。
 今日現在、その数315話。
 総記事数が1,298話ですから、4話に1話は 「つれづれ」 ということになります。
 もちろん、一番多いのは 「温泉地・旅館」 の320話ですが、大差はありません。


 ま、みなさんが喜んでくださるなら、それで結構です。
 我が家の恥も笑いに変えて、お届けいたしますよ。

 読者のみなさん、これからも温泉話同様、「つれづれ」 をご愛読くださいますようお願い申し上げます。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
徒然なるままに②
    コメント(0)