温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年04月30日

銃後の夜


 伊勢崎市のライブハウス 『S』。
 マスターの I 君は、僕の中学時代の同級生です。

 友人の中でも彼は、とっても稀有な人生を送っている人の一人です。
 だって彼は、元国家公務員ですからね。

 今から6年前、24年間勤めた役所を突然、辞めてしまいました。
 「今までオレは、自分にウソをついて生きてきた。これからは、本当にやりたかったことだけをして生きていく」
 と退職金をつぎ込んで、自宅兼ライブハウスを建てて、オーナー兼マスターになりました。


 先日、そんな彼から久しぶりにメールが届きました。

 <トンデモ企画 『銃後の夜』 のお知らせです。(オザキではありません)>
 とのイベントの案内です。
 続いて、こんな内容が・・・

 <いよいよ、戦争の足音が近付いてきました。
  戦争反対!と言えない風潮になりそうです。
  来る4月29日(昭和の日) は、19時から軍歌喫茶となります。>

 う~ん、実に彼らしいギャグ精神であります。
 誤解のないように言っておきますが、彼は右でも左でもありません。
 ただのロッカーです。

 <昭和軍歌を当時録音のSP盤で味わいます。>
 とのこと。
 これは、面白そうじゃありませんか!
 ということで、昨晩は旧友の店へ。


 店内には、ポツンとマスターの I 君が一人。
 「お客さんが来るか心配だよ」
 と、苦笑い。
 ところが開けてみると、テーブル席は満席の大盛況!
 すべて中年のオジサンとオバサンばかりです。

 ステージで I 君が、SP盤に針を落とします。
 すると、シャリシャリという雑音とともに、大音響で流れる軍歌。

 ♪兵隊さんのおかげです。兵隊さん、ありがとう♪
 ♪みんな兵士だ、弾丸だ~!♪

 国策とはいえ、当時の異常な社会風潮が伝わってきます。
 そして聴いている誰もが思ったこと、それは、まさに今の北朝鮮そのものだということ。

 こんな時代が、日本にもあったのですね。
 そして、二度とこの時代に戻らないことを切に望むばかりです。


 おい、I 君!
 こんだけ楽しんで、ドリンク付き300円は安過ぎるぞ!
 えっ、儲けるつもりはないって?

 「オレ、楽しく生きていきたいんだ」
 6年前に疲れとともに吐いた彼の本音が、よみがえってきました。


同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 暮れ展の季節 (2018-11-19 17:50)
 マーチンの軌跡 (2018-09-29 18:10)
 還暦ライブ ~あれから33年~ (2018-09-13 12:27)
 夏だ、老神温泉へ行こう! (2018-08-07 11:12)
 だれにでもドア (2018-08-06 10:52)
 今年も四万の夏がやって来る! (2018-07-05 17:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
銃後の夜
    コメント(0)