温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年06月04日

思わぬ読者


 先日、最新刊 『新 ぐんまの源泉一軒宿』 の出版記念祝賀会が行われたことは、このブログにも書きました。
 その後、新聞でも第1部の講演会の様子がカラー写真で大きく紹介され、各方面から反響をいただいています。
 温泉関係者からは、「素晴らしい講演をありがとうございました」 「小暮さんの言うとおりです。講演を日本中の人に聞かせたい」 との、うれしいメールまで届いています。

 また出席されたブログの読者からもコメントをいただきました。
 たくさんのみなさん、本当にありがとうございました。


 実はあの日、僕にとって、思わず胸が熱くなるサプライズがありました。
 それは、祝賀会が終わり、参加者が全員退席したあとのことです。

 「では、我々も2次会場へ移動しましょう」
 と、僕もスタッフらと一緒に会場を出ようとしました。
 振り返ると、まだ数名のホテル従業員が、料理やテーブルの後片付けをしています。
 僕は、まず、女性従業員に声をかけました。

 「今日は大変お世話になりました」
 「ありがとうございました」
 普通のあいさつです。

 年配の男性従業員がいました。
 フロアー担当の責任者のようです。

 「お世話になりました。おかげさまで、いい祝賀会となりました。ありがとうございました」
 と同じように、お礼を言いました。
 すると、その男性は、
 「ありがとうございました。大変お疲れさまでした」 と言ったあと、こんなことを言いました。

 「先生のコラムは毎週、楽しみに新聞で読ませていただいています」

 たった、それだけの言葉だったのですが、ジーンと僕の胸に響きました。
 だって、彼はホテルマンですよ。
 そして、僕はこの日のお客です。
 もし、僕から声をかけなかったら、彼から声をかけてくることはなかったと思います。
 知るよしもない、事実でした。

 「あ、あ、そうですか! ありがとうございます」
 と、僕のほうが、うれしくて、再度お礼を言ってしまいました。


 読者って、どこにいるか分からないものですね。
 誰が、読んでいるか分かりません。
 そう思うと、怖いような気もしますが、ライターにとっては、この上もない喜びであります。

 思わぬ読者との出会いに、ほっこりと心が温かくなったひと時でした。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 新連載 『ぐんま湯けむり浪漫』 (2017-05-14 13:03)
 おかげさまで2,000話達成! (2017-04-29 20:42)
 終わりのない旅が終わるとき (2017-04-05 11:16)
 おかげさまで70万アクセス (2017-03-10 12:20)
 おかげさまで7周年 (2017-02-12 12:13)
 新連載スタート! (2016-12-01 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
思わぬ読者
    コメント(0)