温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年06月06日

傘はないけど夢がある


 ♪都会では 自殺する 若者が 増えている
   今朝来た 新聞の 片隅に 書いていた
   だけども 問題は 今日の雨 傘がない♪


 井上陽水の歌う 『傘がない』 がヒットしたのは1972年のこと。
 あれから40余年・・・
 自殺する若者は増え続け、都会から地方にも伝播して、ついに日本は世界一の “自殺大国” となってしまいました。

 政府の発表によれば、先進国7ヶ国の中で、日本だけが若い世代の死因トップが自殺だったといいます。
 それも15歳~34歳の男女ともだそうで、発生率は10万人あたり20人!
 これは2位カナダの12.2人に大きく差を付けています。


 ああ、由々しきことです。
 僕が、あんだけ 「死にたくなったら温泉に入ろう!」 って、長年キャンペーン(?) を続けているのにね。
 やっぱり、若い人は温泉へ行かない人が多いからでしょうか?
 これでは、温泉好きの年寄りは、ますます長生きをしてしまいます。

 少子高齢化の差は、ひらくばかりです。


 でも、なんで、日本の若者は、そんなに死に急ぐのでしょうか?
 と、思っていたら一昨日、こんな新聞記事が目に留まりました。

 <日本の若者 自信も希望もない?>
 <7カ国調査で最下位>

 政府が閣議決定した 「子ども・若者白書」 によれば、日本・韓国・アメリカ、イギリス、ドイツ・フランス・スウェーデンの若者(13歳~29歳)の男女を対象(各国1,000人程度) に、インターネット調査したところ、「自分自身に満足している」と回答した人の割合は、日本が45.8%で最下位。
 他の国はすべて70%を超えていたといいます。

 「将来に明るい希望を持っている」 も最下位。
 そのほか、「自分に長所がある」、「40歳になったときに幸せになっている」 でも最下位でした。

 あらららら~、といった感じですね。
 そのままピッタリと、若者の自殺増加原因と当てはまります。

 いったい、いつから日本は、こんなにも “未来” のない国になってしまったんでしょうかね!

 若者にとっての未来、それは 「夢」 です。
 夢の見れる世の中でなければ、未来も来ないということです。


 でもね、世の中のせいにしてしまうのは簡単ですが、若者にも原因があると思いますよ。
 一度、見た夢をあきらめるなよ!
 歯を食いしばってさ、何年でも、何十年でも追いかりゃいいじゃんか!
 死ぬか、生きるかは、それから考えればいい!

 きっと、その頃には大人になっているから。
 「ああ、あの時、死ななくて良かった」 と思うと、思うよ


 ♪行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
   雨にぬれて行かなくちゃ 傘がない♪
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
ラジオを聴いていて温泉に行きたくなりました。
いくら良い温泉でも、人が行かないと無くなってしまう。なるほどなぁって思いました。
Posted by 優・寛の母さん at 2014年06月06日 22:55
優・寛の母さんへ

昨日、聴いてくださったんですね。
ありがとうございます。
“入って残そう! 群馬の温泉”
温泉は、群馬の宝です。
世界遺産同様、みんなで大切に守りましょう。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年06月07日 11:02
戦後の日本人が自虐史観の教育をして来た事が、若者の自殺を増やし未来に希望が持てなくなったのだと思います。

正しい歴史教育が必要です(悪い事ばかりではなく、昔の人がいかに素晴らしい事もやってきたかなど)

日本人が、黒船来襲以来世界と関わり、必死に生きてきた本当の歴史を教えなければ、日本人としての希望や未来はありません。

自国を褒めない教育をしているのは、日本だけです。

どこの国も自分の国が一番だと、教育しているのに、なぜ日本だけがダメな国と教育しているのでしょう。
Posted by ヒロ坊 at 2014年06月07日 17:05
ヒロ坊さんへ

ところが例のアンケート調査によると、「自国のために役に立つことをしたい」 と答えた若者は、日本がトップだったといいます。
「国のために役立つことをしたいけど、将来に希望を持てない国」 ということになりますね。となると、ヒロ坊さんが言うように、教育が大きく係わっている可能性が大きいように思われます。

原発事故と自殺増加、日本の未来は、どうなるのでしょうか・・・
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年06月08日 18:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
傘はないけど夢がある
    コメント(4)