温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年06月12日

老神温泉 「伍楼閣」


 沼田市街地より国道120号で日光方面へ。
 昨年開通した椎坂峠のトンネルのおかげで、老神(おいがみ)温泉は、ぐうーっと近くなりました。

 温泉街の入口で観光客を出迎える、大きな看板。
 <老神温泉郷> と書かれています。

 あれ? ここから先は老神温泉しかないのに 「郷」 なの?
 と、誰もが疑問に思う瞬間です。

 その謎が、やっと今回、解けました。


 「昭和のはじめまでは、片品川をはさんで右岸に 『老神温泉』、左岸に 『穴原(あなばら)温泉』 と 『大楊(おおよう)温泉』 の3つの温泉地がありました。でも、十数軒の旅館が別々のことをしているより、みんなで一丸となって頑張ったほうがよいということになり、昭和10年に 『老神温泉郷』 という呼び名にし、老神温泉旅館組合が発足されました」
 と話してくれた伍楼閣(ごろうかく) の2代目主人、金子千明さん。
 金子さんは、旅館組合の現・組合長でもあります。

 伍楼閣の創業は昭和43年と老神温泉では新しいほうですが、先代が明治時代からあった老舗宿の 「上之湯元館」(現在は廃業) で修業したのちに開業した旅館だけあり、古い資料もあり、博識な主人から老神温泉の波瀾万丈な “湯の歴史” を聞くことができました。

 「つづきは、食事のあとに、ここでビールでも飲みながら話しませんか?」
 と主人に言われ、振り返ればロビーの奥には、ビールサーバーの付いたカウンターがあるではありませんか!
 「は、はーい!」
 と、僕は元気な小学生のような良い返事をして、湯めぐりへ。


 宿の名物はなんといっても、“五湯めぐり” と名づけられた2つの大浴場と3つの大露天風呂です。
 露天風呂のうち2つが混浴、1つが貸切(大浴場にも小さな露天風呂がある)。

 実は僕、ここの風呂に入るのは2回目なんです。
 確か、十数年前に雑誌の仕事で泊まったことがあるのですが、まだ温泉ライターになる前だったので、記憶が定かではなかったのです。
 がーーーっ!
 風呂を見るなり、入るなり、ありありと記憶がよみがえってきました。
 それも五湯、全部の記憶です。

 と、いうことで、自分の中の記憶をたどりながら5つの湯を2日間かけて、ゆっくりとめぐってきました。

 もちろん湯上がりは、女将が注いでくれた生ビールをいただきながら、主人と長い長い温泉夜話にふけたことは、言うまでもありません。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「伍楼閣」
    コメント(0)