温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年06月22日

旧友再会~あれから40年


 40年という歳月は、ハンパないですね。
 だって懐かしいという感情を通り越して、「誰でしたっけ?」 の連発ですもの。

 昨晩、卒業以来、40年ぶりに中学の全体同窓会があり、出席してきました。
 と、いっても、僕が卒業した中学は、前橋市内一のマンモス中学校です。
 当時、10クラスありました。

 だもの、同じクラス以外の人は、出身小学校が一緒か、同じ部活動に所属でもしていないかぎり、ほとんど交流がありません。
 さらに、40年という永い永い年月が流れているのですから、もう、会場はミラクルワールドです。

 知っているようで、知らない人たちの群れの中で、それでも同じ時代に同じ空気を吸っていたというだけで、なんとなく親近感の湧く、不思議な時間を過ごしてきました。


 昭和48年度(1974年) の卒業生の数は、413人。
 うち物故者が13人、所在不明者が17人。

 これって、スゴイことだと思いませんか!
 物故者の数が多いか少ないかは分かりませんが、所在不明者が413人中17人しかいなかったなんて、なんという調査能力でしょうか!
 幹事のみなさんが、優秀だったのでしょうね。
 大変、ご苦労様でした。

 で、昨晩の出席者数は、188人!
 約半分近い卒業生が、出席したのであります。
 この数字は、同窓会史上、過去最多出席者だったそうです。
 これまた、幹事のみなさんのお手柄であります。


 まあ、受付開始の午後5時20分から、会場は大変な騒ぎであります。
 あっちのテーブルで 「うわわ~!」、向こうのテーブルでも 「おおおお~!」、男も女も悲鳴のような喚声を上げています。

 「あっ、小暮君? 私、○組の××です」
 そう言って、誰もが首からさげたクラスと氏名の書かれたプラカードを見せます。
 「ああ~、覚えています。お寺の近くの△△子ちゃんだよね」
 「そーーう、うれしい! 覚えていてくれて!」
 「だって、△△子ちゃん、あの頃と全然変わってないもの、一発で分かったよ」

 なーんて、わけありませんって。
 あの頃は、15歳ですよ。40年経った今が、全然変わってないわけないじゃありませんか!
 ウソも方便です。
 顔を見ただけでは、まったく分かりません。
 でもね、互いにクラスと名前、共通キーワードを探し当てると、急に想い出がよみがえってくるんですね。

 「グレコ、久しぶり! だいぶ活躍じゃない。オレ、本全部買って持っているよ」
 と、うれしい言葉をかけてくれた人が、何人もいました。
 でもね、“グレコ” なんて呼ばれたのは、それこそ40年ぶりですよ!

 だって高校の同級生は、みんな僕のことは 「ジュン」 って呼びますからね。
 「グレコ」 というアダナは、小学校~中学校の同級生だけです。

 それでも、うれしいじゃないですか。
 「テレビ、見ているよ」 「ラジオ、聴いたぜ」 「新聞の連載、毎週読んでいるからね」 なんて、口々に声をかけてもらいました。
 なかには、「ブログを毎日読んでいます」 なんていう人もいたりして。
 同級生って、ありがたいものですね。
 40年も会っていないのに、知らないところで、僕のことを気にかけてくれていたんですね。

 「小暮さんの講演会を聴きに行ったことがあります」
 と声をかけてくれたのは、なんと!現在の母校の校長先生でした。
 驚くやら、うれしいやら、本当にビックリしました。
 でも、校長先生といっても、僕らと同世代なんですけどね。


 学年で1、2を競う美人のマドンナが、今でも変わらずに美しかったり。
 童顔で小柄だった男の子が、巨漢のハゲおやじになっていたり。
 と、思えば、おデブだった女の子が、すらりとした美熟女に変身していたりして。

 人それぞれ、悲喜こもごもの40年間を露呈しているのでありました。

 えっ、僕ですか?
 ええ、一様に、「変わってねぇ~!」 と言われましたけどね。
 さらに、「相変わらず風貌も軽いし、言動も軽いわね」 なーんて、ほめられちゃったりして(大きなお世話です)。

 「小暮はさ、よっぽど苦労していないんだな」
 だなんて、ほっといてください!


 そして2次会、3次会と河岸を替えるごとに、酒も深まり、夜も更けていきました。

 フォー・エバー・ヤング!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 憧憬と焦燥 (2017-11-18 23:25)
 マロの独白(33) くっつき虫に御用心! (2017-11-16 18:49)
 特殊任務遂行指令 「HHS」 (2017-11-13 19:37)
 「いまに見ていろ!」 の今 (2017-11-06 12:13)
 遺伝子のバトン (2017-10-31 11:36)
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旧友再会~あれから40年
    コメント(0)