温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年06月27日

老神温泉 「仙郷」


 <仙境尾瀬沼 花の原>

 初めて旅館名を耳にした時、真っ先に思い浮かべたのは 『上毛かるた』 の 「せ」 の札でした。
 尾瀬の玄関口にある温泉だからだろう、と。
 ※(仙境=神や仙人が住むような俗界を離れた美しい場所)

 「いえ、ここが私には仙郷(仙境) の地に思えたんです」
 と、3代目主人の金子充さんは話してくれました。

 ここは温泉街を見下ろす、片品川の対岸。
 標高634メートル(東京スカイツリーと同じ高さ)。
 だから、というわけではなく、まるで一軒宿のように高台に離れてポツンと建っているから望める絶景なのです。
 温泉街と田畑と山々・・・
 客室の窓には、箱庭のような山里ののどかな風景が広がります。


 金子さんは、「仙郷」 のご主人でもありますが、老神(おいがみ)温泉観光協会長でもあります。
 と、いうことで、昨晩は会長のご厚意により泊めていただき、温泉街を取材してきました。

 金子さんは、「仙郷」 の創業者ですが、現在は会長職。
 すでに経営は、4代目の娘さん夫婦にバトンを預けています。

 えっ、創業者なのに、3代目?
 と、僕も最初は疑問に思いましたよ。
 でもね、話を聞くと、永い永い温泉地と温泉宿の歴史があったんです。


 初代が、この地に温泉宿を開いたのは、昭和6(1931)年6月のこと。
 宿名は 「初音屋」 といいました。
 手元にある昭和20年頃の 「老神温泉旅館全体図」 を見ると、確かに片品川の右岸、山口屋の隣、上田屋の前に 「初音屋」 はあります。

 昭和44年に2代目(金子さんの義父) が、鉄筋6階建てのホテルにリニューアルし、「ニューオイガミ」 と改名しました。
 その後、金子さんが現女将と結婚(金子さんは栃木県湯西川温泉の老舗宿の御子息でした)。
 昭和59年に、旅館名を 「ニュー老神」 と漢字表記に改名(温泉街に建物はありますが、現在は閉館)。

 そして平成10年に現在地にて、「仙郷」 をオープンしました。


 旅館のパンフレットをまじまじと見ると、“老神温泉郷 大平温泉” とあります。
 「えっ、おおひらおんせん?」
 と問えば、
 「これは、私のシャレなんですけどね。老神温泉は、いくつもの温泉地が集まってできた温泉郷ですからね」

 確かに片品川の左岸は、昭和のはじめまでは老神温泉とは呼ばれていませんでした。
 現在の東秀館は穴原温泉、東明館は大楊温泉です。
 「ここは字名が、大平なんですよ。だから」
 と、いたずらっ子のように笑って、目を細めました。

 いいですね、なんかロマンを感じます。
 老神温泉は、いくつもの温泉地が集まって 「老神温泉郷」 になったのですから!

 もっともっと、老神温泉の歴史を知りたくなりました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「仙郷」
    コメント(0)