温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年06月29日

老神温泉 「紫翠亭」


 四万温泉の 「柏屋旅館」、湯宿温泉の 「旅館みやま荘」、そして老神温泉の 「紫翠亭」。
 さて、これらの旅館に共通することは?


 国道120号から 「老神温泉郷」 の誘導看板に導かれて、温泉街へ。
 最初に見えてくる白亜の旅館が 「紫翠亭(しすいてい)」 です。
 そう、答えは、温泉街で一番最初に旅人を出迎えてくれる宿です。

 僕は、ここからの風景が大好きなんです。
 片品渓谷を抱きかかえるようにそびえる大楊山を借景にして、自然の中に調和した和の外観が、とても美しいのです。
 エントランスで立ち止まり、振り返ると、今度は花畑や田畑が眼前に広がります。
 なんとも、のどかな山里の風景です。

 実は、この目の前の畑は、紫翠亭の自家農園。
 キュウリやトマト、ナス、トウモロコシといった旬の野菜が栽培されています。
 「朝摘みした新鮮な野菜を、その日の食卓にお出ししています」
 と、顧問の桑原道良さん。

 桑原さん?
 桑原姓は、老神温泉に多い名字です。
 もしやと思い訊ねると、案の定、地元の人でした。
 しかも、先日訪ねた 「東明館」 の元ご主人でした。


 紫翠亭は、平成7年に明治時代から続く老舗旅館 「山口屋」 の姉妹館としてオープンしました。
 ところが同23年3月の東日本大震災の後に、経営者が交代。
 現在の経営は、水上温泉に系列宿を持つ松乃井グループです。

 東明館が 「ぎょうざの満洲」 に経営が交代したのが、その前年です。
 桑原さんの人生は、老神温泉とともに生きるようにできているのですね。
 老神温泉を知り尽くした生き字引のような桑原さんの話は、いつまでも聞いていたくなる含蓄のある内容でした。


 露天風呂に浸かり、渓谷を渡る初夏の風に吹かれてきました。

 “温泉は生きている” とは、今春出版した拙著 『新 ぐんまの源泉一軒宿』 の 「あとがき」 に書いた言葉です。
 でも、生きているのは温泉だけではありません。
 温泉宿も温泉街も生きているのですね。

 つくづく今、そう感じています。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神温泉 「紫翠亭」
    コメント(0)