温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月07日

世界遺産の周辺温泉


 いやいやいや~!
 群馬県が、盛り上がっていますね。
 「富岡製糸場と絹産業遺産群」 が正式に世界文化遺産に登録されました。

 これで、県のブランド力もアップ!
 とばかりに、出版や観光関連は、躍起になってPR活動を始めています。

 温泉地も、例外ではありませんね。
 県内の有名温泉地では、世界遺産に便乗した誘客戦略に余念がありません。
 富岡製糸場をつなぐ、観光バスの運行を始める温泉地もあるようです。


 でもね、ちょっと待ってくださいよ。
 確かに、県外の観光客には草津温泉や伊香保温泉といったビッグネームのほうが知られていますが、県民にとってはいかがですか?
 富岡製糸場を見学した後に、わざわざ草津や伊香保まで足を延ばしますか?

 なに? 日帰りに決まっているって!

 だから、ちょっと待ってくださいよ。
 群馬県民だからこそ、「富岡製糸場と絹産業遺産群」 を1泊2日かけて、じっくりとめぐってもらいたいのです。
 それも、近くの温泉に浸かりながら、ゆっくりと!


 と、いうことで、僕がコメンテーターを務めている群馬テレビの 『ニュースジャスト6』 では、世界遺産から最も近い温泉を特集します。

 富岡製糸場から一番近い温泉はどこ?
 荒船風穴、高山社跡などの周辺温泉とともに紹介します。

 ぜひ、ご期待ください。


 ●放送局  群馬テレビ(地デジ3ch)
 ●番組名  「ニュースジャスト6」
         NJウォッチのコーナー
 ●放送日  7月9日(水) 18:00~18:30
 ●ゲ ス ト  小暮 淳 (温泉ライター)
 ●テーマ   「世界遺産の周辺温泉」


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)
 温泉が足りないんじゃないの? (2017-11-15 13:14)
 温泉で美しくなれ! (2017-11-10 12:51)
 好評につき 第2弾発売! (2017-11-02 12:11)

この記事へのコメント
老親に ブンブン 振り回されて遠心力で家出や離○がチラツク世代です。 (師匠様もファイト~)

温泉についての研修は断固行ってきますよ~フォローアップ研修!
来年には試験があるそうで、目標達成を心にロックオンしました。

気がつけば世間の注目を浴びている群馬県

近くの温泉、
車で数分で行ける源泉一軒宿は、日帰りは受け付けていませんね。
センターではなく、蒼い月。
Posted by ぴー at 2014年07月08日 17:28
ぴーさんへ

ですね。
最近は、日帰り入浴を行わない旅館やホテルが増えています。
理由には、燃料代の高騰があります。
源泉の温度が低い温泉は、温めなくてはなりませんので、いつ来るか分からない客のために温め続けていることが負担になってしまったのですね。
経営事情は、どこも厳しいようです。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年07月09日 20:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界遺産の周辺温泉
    コメント(2)