温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月10日

鎌田温泉 「湯の宿 畔瀬」②


 4年越しの約束を、やっと果たしてきました。


 鎌田温泉(群馬県片品村) の 「畔瀬(はんぜ)」 を訪ねてきました。
 前回の取材は、2010年9月に出版した 『群馬の小さな温泉』 の時ですから、丸々4年ぶりとなります。
 ※(「畔瀬」の歴史については、当ブログの2010年4月21日「鎌田温泉 畔瀬」を参照)

 「お久しぶりです」
 と出迎えてくれた2代目主人の入澤尚和さんとお会いするのも4年ぶりです。
 「あの時の約束を果たしに来ました」

 そう、4年前、時間の都合上、どうしても体験できなかったことがあるんです。


 「畔瀬」 の名物は2つ。
 1つは、毎分約200リットルという湯量豊富な自家源泉のかけ流し風呂。
 泉温も約47℃ありますから、加水も加温もしていません。
 正真正銘の完全放流式です。

 その源泉は硫黄成分を含む、アルカリ性の単純温泉。
 ツルツル、スベスベのいわゆる “つるすべ” の湯を存分に堪能することができます。


 そして、もう1つの名物が、オリジナル料理の 「じゃが芋豆腐」。

 前回は日帰り取材だったため、「今度、ぜひ、いただきます」 と、泣く泣く食さずに帰ってしまったのでした。
 でも今回は、宿泊取材です。
 もう、この日を待ち望んでいたのであります。

 見た目は、豆腐のようですが、豆腐ではありません。
 揚げ出し豆腐のように、表面がカリッと油で揚げられた四角い物体。
 タレも、ダシも、何にも付けずに、そのままいただきます。

 カリッ、とした歯ごたえのあと、想像を超えた食感と味覚が口の中いっぱいに広がりました。
 トロトロ~、っと流れ出すクリーム状の液体。

 「う、うまい!」
 でも、初めて食する “味体験” です。 
 それでも、何かに例えて形容するなら、ジャガイモ味の濃厚なクリームコロッケとでもいいましょうか!

 「これは、どうやって作るんですか?」
 と主人に問えば、
 「企業秘密です」 と笑いました。
 でも話を聞けば、試行錯誤の末、2年の月日をかけて誕生した唯一無二の同館だけのオリジナル料理だったのです。

 感動のあまり、「この料理をぜひ、販売したい」 と話を持ちかけてきた客もいたそうですよ。


 極上の温泉と、湯上がりにビールといただく極旨の創作料理!
 泊まってこそ味わえる、温泉宿の妙味でした。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 猿ヶ京温泉 「千の谷」 (2018-05-25 12:32)
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)
 伊香保はどんな所です? (2018-04-04 11:52)
 谷川温泉 「金盛館 せゝらぎ」② (2018-03-28 12:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鎌田温泉 「湯の宿 畔瀬」②
    コメント(0)