温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月12日

摺渕温泉 「わたすげのゆ」


 ええ、ええ、もちろん、知っていましたよ。
 そこにレストランがあることも、立ち寄り湯があることも。
 国道120号は、片品方面の取材では必ず通りますからね。

 でも、 温泉地(宿泊施設のある温泉) とは、思っていなかったので、取材に行ったことはありませんでした。
 ところが今回、宿泊施設であることが判明!
 さっそく、1温泉地の1温泉宿として取材に行ってきました。


 温泉地名は、摺渕(すりぶち) 温泉。
 えっ、摺渕温泉!
 と、その名前に反応した人は、かなりの温泉通ですね。

 そうです。摺渕温泉は、片品川対岸にある利根郡片品村の温泉地です。
 でも、こちらの 「わたすげのゆ」 は、沼田市利根町であります。

 もしかして別源泉? と温泉成分表を見ると・・・
 こちらも、片品村にある摺渕温泉の一軒宿 「山十旅館」 と同じ、「正亨の湯」 でありました。
 ※(「山十旅館」 については、当ブログの2013年12月11日 「摺渕温泉 山十旅館」 を参照)

 と、いうことは?

 「はい、平成9年に先代が、対岸の源泉を引き湯して、入浴施設を始めました」
 と、2代目主人の小林敬一さん。
 そもそもはレストランだけだったようです。
 で平成18年に、2代目が簡易宿泊施設を併設したとのことでした。


 源泉が 「正亨の湯」 ということは、アルカリ性の単純温泉です。
 期待通りのツルツル、スベスベの湯を存分に浴んできました。

 そして湯上がりにはレストラン 「水芭蕉」 で、名物の岩魚料理と舞茸料理、そして “裁ちそば” と呼ばれる昔ながらの技法を用いた手打ちの十割そばを賞味。
 特筆すべきは、自家農園で採れた 「夏野菜のまるかじり」 セット!
 採れたての瑞々しい野菜のうまいこと!
 自家製の手づくり味噌とマヨネーズで、シャキシャキの新鮮野菜をバリバリ、ムシャムシャと一皿、ペロリと平らげてしまいました。

 季節限定なので、今が旬ですぞ!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 沢渡温泉 「まるほん旅館」⑥ (2018-05-23 20:58)
 川原湯温泉 「丸木屋旅館」 (2018-05-22 22:13)
 川場温泉 「悠湯里庵」⑤ (2018-04-25 11:40)
 伊香保はどんな所です? (2018-04-04 11:52)
 谷川温泉 「金盛館 せゝらぎ」② (2018-03-28 12:14)
 あれから7年、大胡温泉 (2018-03-11 21:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
摺渕温泉 「わたすげのゆ」
    コメント(0)