温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月15日

だって若者だもの


 <高齢者に比べて若い世代の 「幸福度」 は低め>

 そんなの、あったりめーじゃねーの!
 と、新聞記事を読んでいて、つい声を上げていました。

 なんでも厚生労働省が全国の20~80代の男女5,000人を対象に行った健康意識に関する調査で、傾向が明らかになったと発表。
 原因として、「仕事上のストレスが現役世代の幸福度を押し下げている」 と分析しているそうです。

 なんか、マヌケな調査発表ですね。
 そもそも現役を引退した65歳以上と、20~29裁の若者の幸福度を比べること自体がナンセンス!
 スポーツでいえば、異なる競技の選手を比べて、どちらが強いか?弱いか?を論じている感じです。

 だって、若者だもの!
 若者ってさ、いつだって “現実(いま)” がキライなのよね。
 不満と、怒りと、焦燥と、嫌悪が、ないまぜになっているから 「若者」 なんだ。

 「今が一番幸せで~す」 なーんて言っている若者なんて、気持ち悪くて、いただけませんって。


 なんて傍観者みたいに言っている僕だって、いまだに “今” が大嫌いです。
 相変わらず、「今が、このまま続くくらいなら死んだほうがマシだ」 って思ってますもの。

 昨日と違う今日、今日と違う明日を求めているから生きていられるんですよ。

 でもね、確かに20代や30代に比べると、自己採点が少し甘くなってきているかもしれませんね。
 「家もあるし、家族もいるし、好きな仕事もできてるし・・・まあ、幸せなほうかも」 なんて。

 でも、やっぱりイカンのですよ!
 たまには過去を振り返ってもいいけど、立ち止まってはいけませんって。
 前を向いて、ひたすら歩き続けるのみ!であります。

 だって、若者だもの。
 えっ、もう若者じゃないって?
 だったら、バカモノでもいい。

 ただ僕は、幸せを数えたり、噛みしめながら生きている年寄りにだけはなりたくないって思うんです。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
だって若者だもの
    コメント(0)