温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月17日

モミ こむぎ屋 六本木


 本当に便利な世の中になりました。
 だってネットを使えば、記憶の奥に眠っていた “思い出” と再会することができるのですから・・・


 僕には、忘れられない 「店」 というのが、いくつかあります。
 今でも現存する店なら、たとえ遠いところにあっても訪ねて行くことができますが、すでに廃業してしまった店には2度と行けません。
 その店の味にも、店主にも会えないわけです。

 そう、思い出の中にしか存在しない店。
 そんな、懐かしい3軒の店に、ネットの中で “再会” してきました。


 あれは、今から35~36年前のこと。
 貧乏学生だった僕たちが、腹を空かしたときに、必ず駆け込む店がありました。
 新宿西口にあった 「六本木」 という喫茶店です。
 新宿にあっても、六本木なんです。

 ここはコーヒーを注文すると、トーストが無限に食べ放題だったんです。
 女性の店員さんがワゴンを押しながら店内を回ります。
 「トーストは、いかがですか?」 って。

 もう、腹ペコの僕たちは、彼女が回って来るたびに 「ハイ」 「ハイ」 って手を上げて、こんがり焼かれたトーストをいただきました。
 軽く10枚は、食べましたね。
 ただし、食べ過ぎると、口の中の皮膚がベロベロにむけてしまい、ヒリヒリと痛んだことを思い出します。


 2軒目は、練馬区の大泉学園にあった 「こむぎ屋」 というパン屋です。
 大泉学園は、21歳から4年間暮らした街です。
 「こむぎ屋」 はパン屋なんですが、なぜかソフトクリームが有名だったんです。
 店の前には、いっつも学生たちが大勢たむろして、ソフトクリームを食べていました。

 僕は当時、付き合っていた彼女と、よく通いました。
 パンを買って、ソフトクリームを食べながら帰ったものです。
 甘くて、ほろ苦い、青春の思い出です。


 3軒目は、西武池袋線の椎名町駅前にあった 「キッチン 樅(モミ)」 です。
 椎名町にはバイト先の書店があり、毎日のように昼飯を食べに行った店です。
 ここの一番人気は 「モミライス」 !

 ケチャップで炒めたチキンライスの上に、玉子でとじたトンカツがのった、ボリューム満点の洋風カツ丼なのです。
 僕は、あの味が恋しくて、群馬に帰ってからも、東京へ出かけるときは必ず立ち寄っていたのですが、もう、今はありません。


 そんな思い出の店と味をネットで検索してみると、いるいる! いるんですよ!
 「金がないと六本木でトーストを腹いっぱい食べた」 とか 「こむぎ屋のソフトクリームは美味しかった」 とか、「モミライスをもう一度、食べたい」 という熱烈なファンたちが!

 きっと、会った事もない人たちなのでしょうが、共通の店に通っていたというだけで、親しみを感じるものですね。
 昔だったら、絶対に味わえない体験だと思います。

 ネットって、すごい!

 どこの誰かは知りませんが、懐かしい情報をありがとうございました。
 (モミライスの写真を見たときは、涙が出そうになりました)
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 となりの芝生 (2018-02-19 13:47)
 キレる中高年 (2018-02-14 12:40)
 小さな手と手 (2018-02-12 13:06)
 16歳へのレクイエム (2018-02-02 18:27)
 トンカツと温かい手 (2018-01-29 13:56)
 鬼の道 素通り (2018-01-27 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
モミ こむぎ屋 六本木
    コメント(0)