温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月18日

三人の縁日


 当ブログでは、絵本 『誕生日の夜』 の挿画およびDVDの朗読でお馴染みの画家、須賀りすさんが高崎でグループ展を開いているというので、行ってきました。

 いや~、夜の高崎の街は歩くことはありますが、平日の真っ昼間に歩くなんて滅多にないことです。
 駅から高崎城址のお堀を目指して、テクテクと歩くこと約15分。
 「もてなし広場」 の隣に、ギャラリーはありました。

 『三人の縁日』

 これが、展示会のタイトルです。
 3人とは、写真家の矢嶋秀紀さん、画家の須賀りすさん、音楽家の清水紅さん。
 もちろん僕は、須賀さん以外は初対面であります。

 しかも、音楽家がコラボレーション?
 と、一風変わった展示会です。
 なんでも清水さんはボランティアで学童などを回り、作詞した子ども向けのフォークソングなどを歌っているミュージシャンだそうです。
 会場では、彼女の歌声が絶えず流れていました。
 ※7月19日(土)、20日(日) の11:00~と、21日(月) の14:00~に会場で生ライブを開くそうです。


 う~ん、須賀さんは相変わらす “りすワールド” 満開であります。
 今回はテーマが 「縁日」 だけに、いつもとはちょっぴり違った雰囲気の絵に仕上がっていました。

 須賀さんといえば、ウサギをメインに動物たちが主人公の絵が多いですよね。
 でも 「水飴色の街」 というタイトルのアクリル画の大作をはじめ、浴衣姿の少女が描かれた作品が並んでいます。
 なかでも、彼女の出身である桐生市の町並みを描いた連作は、なんともいえぬ郷愁が漂っていて、見る人の心をキュンとさせますよ。

 「友禅流し」 は、僕の大好きな作品です。



              『三人の縁日』

 ●会 期   2014年7月17日(木)~22日(火) 11:00~18:00
 ●会 場   NTT東日本 群馬支社内 「YOU HALL (ユーホール)」
          高崎市高松町3 Tel.027-324-1120
 

同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 夏だ、老神温泉へ行こう! (2018-08-07 11:12)
 だれにでもドア (2018-08-06 10:52)
 今年も四万の夏がやって来る! (2018-07-05 17:40)
 ふたりのトークショー (2018-07-04 15:27)
 風は西から (2018-01-20 12:01)
 暮れ展、はじまる。 (2017-11-20 14:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
三人の縁日
    コメント(0)