温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年07月31日

著書に会う


 先日、カリスマ経営者で知られる吉川廣和氏にお会いしてきました。
 ※(「吉」 の字は正しくは、上の 「士」 が 「土」 です)

 吉川氏は群馬県箕郷町(現高崎市)の出身。
 老舗企業であるDOWAホールディングス㈱の社長・会長を経て、現在は相談役をされています。
 過去には、内閣府参与なども歴任されました。

 また、7年前に出版した 『壁を壊す』(ダイヤモンド社) はベストセラーとなり、「アジア経済人大賞」 も受賞されています。
 倒産しかけた企業を7年で経常利益を10倍にしたという破壊的改革を行った人です。
 経営界の異端児でもありますが、神様と崇めるビジネス人も多いカリスマ経営者なのであります。


 で、どうして、そんな凄い人に、僕なんかが会いに行って来たのかというと、来月、吉川氏が新刊を出版することになり、そのインタビューをしたのです。
 それも今回は、ビジネス書ではありません。
 生まれ育った群馬での少年期を描いたドキュメントエッセイです。
 あの、『壁を壊す』 の著者が、戦後の貧しい農村で必死に生きた時代を赤裸々に綴った真実の記録です。

 興味津々で僕は、高崎市の観音山丘陵に建つ、氏のアトリエ兼別荘を訪ねました。


 2階建てのログハウスからの眺望は、絶景です。
 南に御荷鉾山~秩父連山、西は妙義山~浅間山~榛名山、北は子持山~赤城山と360度の大パノラマが広がります。
 氏はここで、畑をいじり、絵を描いて休日を過ごしているのだといいます。

 もちろん、僕は、この時が初対面です。
 出版社の担当者が、僕を紹介してくれました。

 すると氏は、ちょっと驚いたような顔をして、
 「あっ、温泉の本の?」
 と言って、リビングの書架をを指さしました。

 す、す、すると! そこには、ぼ、ぼ、ぼくの著書があるではありませんかーーーッ!
 『群馬の小さな温泉』(上毛新聞社) 、4年前に出版した本です。

 「確か、最近も出されましたよね? えーと、えーと、源泉宿でしたっけ?」
 「ええ、『新 ぐんまの源泉一軒宿』 です」
 と僕が答えると、
 「それそれ、それも持っていますよ」

 だなんて! うれしいやら、照れくさいやら、恥ずかしいやら、すっかり僕は舞い上がってしまいました。

 こんなことも、あるのですね。
 氏が温泉好きだということが分かっただけで、なんだか急に親しみが湧いてきて、緊張もほぐれ、スムーズにインタビューを進めることができました。


 吉川さん、ぜひ、群馬の温泉の素晴らしさを全国にPRしてくださいね。

 PS
 帰りにいただいた採れたて夏野菜のおみやげ、ありがとうございました。
 大変、おいしかったです。
  

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
著書に会う
    コメント(0)