温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2014年08月12日

赤兎馬の酔夢② ふたたび


 昨晩、またしても赤兎馬(せきとば) に酔いしれてしまいました。
 ※(赤兎馬については、当ブログ2014年7月14日 「赤兎馬の酔夢」 参照)


 「あの後、小暮さんのブログを見たというファンの方がお見えになりましたよ」
 店に入るなり、マスターから言われました。

 「えっ、ブログですか?」
 と驚く僕。
 だって、確かに以前、この店で酒を飲んだことはブログに書きましたが、店名までは書きませんでしたからね。
 どうも、ブログの文面から場所と店を探し当てて、訪ねて来たようです。

 ちなみに前回、この店を訪ねた時のブログでは・・・
 <駅前大通りに面した雑居ビルの2階。ドジョウの寝床のように細長くて狭い、小さな居酒屋です。>
 と、記されています。

 これに、「高崎市」 であることと、「赤兎馬」 という幻の芋焼酎が飲めること以外の情報は一切ありません。
 なのに、読者様は現れたのですね。
 やっぱり、読者様は神様であります。


 「で、その読者は初めて来たお客さん?」
 「もちろん、そうですよ。小暮さんのブログを見て来たと言ってましたから」
 「と、いうことは、もしかして赤兎場を飲んだ?」
 「はい、飲まれました」

 う~ん、なんか、この流れっていいよね!
 “群馬の吉田ルイ” になったような気分です。
 著者と読者が、ブログを通じてつながっているって、最高じゃありませんか~!!

 と、いうことで僕も、グィ~っとジョッキの生ビールを飲み干して、
 「マスター、じゃあ、赤兎馬をロックでちょうだい! あ、それと、塩モツ煮もね」

 キーーーーッ、これこれ、これですよ!
 五臓六腑に染み渡る芋焼酎のキレのいい旨みと芳醇な香り・・・

 また、これに 「塩モツ煮」(なんと、一皿たったの100円) が、合うのなんのって、ベストパートナーであります。
 みそで煮たモツ煮と違い、うっすら塩味で、やわらかくて、芋焼酎のアテにはピッタリであります。


 1杯が2杯、2杯が3杯、4杯、5杯・・・

 気の置けない秘密結社の面々と、暑い夏の夜を熱~く語り明かしたのでありました。


 PS
 今回、マスターのご厚意により、店名公開の許可をいただきました。
 『魚貝串焼 楽縁(たのえん) 居酒屋』 高崎市あら町116 新井ビル2F
 であります。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 大事なことは飲み屋で決まる③ (2018-03-31 16:53)

この記事へのコメント
お久しぶりです。
ぎっちゃんです。前橋は無理ですが、高崎市内はおまかせを…。
小暮さんのブログを参考に行きました。

出張サラリーマンや旅人には、最高の酒場ですね。

また、温泉宿など参考にさせていただきます。
Posted by ぎっちゃんぎっちゃん at 2014年08月12日 15:53
ジュンジュン!!コニャニャチワ!!
私も高崎のどこだろう…と思ってました!!

毎日暑いから、アルコールの消費量が大変高くなっております。
やっぱり、温泉本の次の企画は、酒場めぐり本?
ルイさんの語り口調もいいけど、ジュンジュンの湯を守るご主人やおかみさんへの敬意ある温かな、表現もスッゴク好きですぅ♪

赤兎馬…いいなぁ、友達と飲みに行っちゃおうかな~
Posted by 繭りん at 2014年08月12日 17:21
ぎっちゃんさんへ

あらら、ぎっちゃんでしたか!
(あわてて、ぎっちゃんのブログをチェック)
本当ですね、7月25日のブログに、僕のことと楽縁のことが書かれていました。
ありがとうございます。
(マスターに代わって、お礼申し上げます)
いつか、楽縁で会ったら、一緒に飲みましょうね。
もちろん、赤兎馬で!


繭りんさんへ

コニャニャチワ!
温泉入ったら、酒を飲みたくなるのが人の常であります。
「湯酒屋放浪記」 なんて、いかがでしょうか!
今度、出版社に話を持ちかけてみますね。

赤兎馬、マジ、うまいっす!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年08月12日 21:47
ジュンジュン!!
赤兎馬、マジ旨かったっす!
海鮮串焼きも、塩もつも…

3人の密会でした。
Posted by 繭りん at 2014年08月21日 22:43
繭りんさんへ

ですってね!
マスターから 「繭りんさんが来てくれた」 とのメールをいただきました。
僕からもお礼を申し上げます。

赤兎馬デビューをしましたね。
なから、うまいっしょ!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2014年08月22日 20:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤兎馬の酔夢② ふたたび
    コメント(5)